危ないファンに握手を求められたら?
危ないファンに握手を求められたら?
映画・演劇・ドラマ

ファンへの神対応で知られるジャッキー・チェン 危ないファンへの対処法

Amazonより
『ケトル VOL.40』 ジャッキー・チェン、中川翔子、入江 悠、岡田壯平、青柳文子、髭男爵 山田ルイ53世

1970年代にデビューし、今も世界的スターとして活躍し続けるジャッキー・チェン。子どもから大人まで、幅広い層に愛されるジャッキーは、ファンへの“神対応”でも有名です。ジャッキーに会うために中国からやって来た少年を部屋に上げてお茶を振る舞ったり、スタントチームに入りたいというファンを撮影現場に連れて行ったり、そのエピソードは枚挙に暇がありません。

どうしてジャッキーは、そこまでファンに優しいのでしょうか? その理由として、ジャッキーは「生まれが貧乏だったから」と語っています。食うのにも困るような少年時代を過ごしたから、華やかなスターにあこがれる人たちの気持ちがわかるというのです。だからファンだけでなく、社会の恵まれない人にも親近感を持っているとのことです。

ただ、ジョン・レノンが熱狂的なファンを自称する男に射殺されたように、ここまでファンとの距離が近いと身の安全が心配になるもの。実際、握手を求めてきたファンにいつものように近付いたら、いきなりビンタ(「こうすれば私のことを忘れないから」という理由で)されたこともありました。

だから今では、ジャッキーも対策を講じています。それは「握手をするときや写真を撮るときは左手を使い、右手を後ろに置いておく」こと。そうしていれば、握手をしているときにファンが予想外のことをしても、空いているほうの手で「何らかしらの対応ができる」そうです。おそらく、ジャッキー映画のワンシーンのようなカンフーが炸裂するのでしょうが、それをファンが生で見たら、もっと熱狂してしまうような気がしなくもありません。

◆ケトル VOL.40(2017年12月14日発売)

【「映画・演劇・ドラマ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ