EGOIST・ryoがボーカルchellyを絶賛 「演者として必要な要素はすべて満たしている」
音楽と動画

EGOIST・ryoがボーカルchellyを絶賛 「演者として必要な要素はすべて満たしている」

Amazonより
『クイック・ジャパンvol.135』 欅坂46

TVアニメ『ギルティクラウン』から誕生したアーティスト集団「EGOIST」のベストアルバムが12月27日に発売された。EGOSITは、ギルティクラウンに登場する歌姫“楪いのり”がアニメを飛び出して活躍する音楽グループだが、このプロジェクトはどのような経緯で誕生したのか? 2017年12月25日発売の『クイック・ジャパン』vol.135で、プロデューサーのryoはこう語っている。

「もともとはEGOISTはTVアニメ『ギルティクラウン』内の架空のアーティストだったんですが、アニプレックスの方から『EGOISTもアーティスト化したら?』というお話があって。荒木(哲郎)監督も『やりましょうよ!』と言ってくれたので、開催中だったsupercellのボーカルオーディションの最終選考で全員にEGOISTの新曲も歌ってもらって、その中からchellyちゃんを選びました」

そのようなきっかけで生まれたというEGOISTだが、アニメ自体はすでに終了している。その後のEGOISTは、どのようなコンセプトのもとに継続しているのだろうか。

「荒木さんからも了承をいただいての継続だったんですけど、アニメ自体は終わっているので、以降は『もしもギルティクラウンとは違う楪いのりがいたとしたら?』というような設定を自分の中で作っています。あと、アニメ本編と同じように、『誰かが曲を作ってる』とか『いのりがなにかを想って歌ってる』という描写がない点は、忠実にトレースしなきゃいけない。なのでいのりと同じくなるべく自分というフィルターを通さずに歌ってほしくて、自分はchellyちゃんに歌詞や曲の成り立ちの説明は一切しません」

ryoの発言からは、chellyに全幅の信頼を寄せていることが分かるが、そもそも彼女を選んだ決め手は何だったのか?

「最終選考では、レコーディングでしか使わないような立派なスタジオにブースを作って歌ってもらったんですよ。普通だったら絶対ビビると思うんですけど、そのときトップバッターだったchellyちゃんがいきなりガーン!って思いっきり歌ってて、『すごいなこの子』って思ったんです。彼女は舞台度胸がすごくて、そもそもライブをやるアーティストじゃなかったのにライブをやることになってもできるし、ダンスの入ったMVやラップの曲もなんなくこなす。演者として必要な要素はすべて満たしているので、『ONE PIECE』で言うところの“○○の実”を3つをぐらい食べてるような印象はずっとありますね」

ベストアルバムはデジタルアルバムランキングで1位も獲得。ryoは「このいいチームとの次作を楽しみにしていただければと思います」と語っており、EGOISTが描く“いのり”の世界は、まだまだ続いていきそうだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.135(2017年12月25日発売/太田出版)

◆QJ公式ニュースメディア『QJWeb』が2020年スタート!
『クイック・ジャパン』本誌に関連する情報のほか、独自のカルチャーニュースを毎日配信中です。
QJWeb ⇛ https://qjweb.jp

【「音楽と動画」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ