『クイック・ジャパン』vol.136(太田出版)
『クイック・ジャパン』vol.136(太田出版)
クイック・ジャパン

元乃木坂・伊藤万理華 「なんでかずっと、なにかが気になる人になりたい」

Amazonより
『クイック・ジャパンvol.136』 千鳥

乃木坂46で随一のファッションセンスを誇る伊藤万理華が、昨年12月にグループを卒業した。昨年10月には個展を開催するなど、クリエイティビティには定評がある彼女だが、そもそもなぜアイドルグループに入ったのか? 2018年2月24日発売の『クイック・ジャパン』vol.136で、伊藤はこう語っている。

「私が乃木坂に入ったのは本当にたまたまで、アイドルを目指していたわけじゃなかったんですよね。でも、アイドルって全部やれるじゃないですか。歌もダンスも、バラエティも演技のお仕事も。『MdN』の連載でクリエイターのみなさんと対談をさせていただいたり、とか」

そのような経緯でメンバーになり、6年間走り続けてきた伊藤。2月に発売された初の写真集では、衣装選びやスタイリングも出掛けたが、ソロになってどんなことがしたいのだろう?

「こういう作品に出たいとか、作りたいって思っていることはあるんですけど、もうちょっと有名になってから言ったほうがいいのかも(笑)。ただ、『なにが一番やりたい?』って言われたら映像のお仕事だし、お芝居は頑張りたいなって思ってますけど、『けど』って感じです。それだけをやるんじゃなくて、いろんなことをやりたい。素材として面白がってもらいたいです」

普通、多くの子が「主役になりたい」と答えるなか、理想像として「チームの中のひとつの……使えるやつ」「なんでかずっと、なにかが気になる人」になりたいと語る伊藤。その独特の感性は、きっと女優として重宝されそうだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.136(2018年2月24日発売/太田出版)

【「クイック・ジャパン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ