『Quick Japan』vol.137 (太田出版)
『Quick Japan』vol.137 (太田出版)
映画・演劇・ドラマ

川栄李奈 「役作りは全然しない」「役者としての目標はない」の女優哲学

Amazonより
『クイック・ジャパンvol.137』 坂口健太郎、川栄李奈

国民的アイドルグループ「AKB48」の卒業メンバーの中で、現在トップクラスの売れっ子が川栄李奈だ。映画、ドラマ、CM、バラエティ番組など、今や彼女を見かけない日はないほどだが、メインはあくまでも女優。朝ドラほか、多くの話題作に出演し、演技の評価も高い川栄だが、作品にはどのような姿勢で臨んでいるのか? 2018年4月24日発売の『クイック・ジャパン』vol.137で、川栄はこのように語っている。

「私、役作りとか全然しないんですよ。もちろん、髪型変えるとか、言い方変えるとか普通のことはしますけど。よく役者さんで台本になくても普段の生活からやる人いるじゃないですか? 私は現場が終わったら、それでおしまいなんです。『役が抜けない』って役者さんでよくいらっしゃるけど、なんか申し訳ないなって思います。ただ、こっちもカメラの前ではちゃんとやってるぞって気概はありますよ」

今年3月には、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」の女優部門でニューウェーブアワードを受賞。今年公開予定の映画『恋のしずく』では初主演も務めているが、“主役”というポジションに収まることにはそれほど興味がないようだ。

「いやぁー、私には無理だろうって思います。女優さんってたくさんいるじゃないですか。綺麗な人も可愛い人もお芝居が上手い人もいて。『お前、なににそんな自信持ってるの?』って言われたら、私、自信なんか全然ないので。……だから、求められたものを一生懸命にやるってことしかないんですよ」

「だから、役者としての目標はないです」と言い切る川栄。ただし、「こうやってお仕事がたくさんいただけているのは、自分からガツガツせずにフラットな感じでいるから」と自己分析はしっかりできており、今後も活躍はまだまだ続きそうだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.137(2018年4月24日発売/太田出版)

◆QJ公式ニュースメディア『QJWeb』が2020年スタート!
『クイック・ジャパン』本誌に関連する情報のほか、独自のカルチャーニュースを毎日配信中です。
QJWeb ⇛ https://qjweb.jp

【「映画・演劇・ドラマ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ