『Quick Japan』vol.139(太田出版)
『Quick Japan』vol.139(太田出版)
お笑いとバラエティ

バカリズム 高校3年で体験した「人生で一番ワクワクした」事件とは

Amazonより
『クイック・ジャパンvol.139』 西加奈子

月曜から金曜の夕方に毎日放送されているバラエティ番組『青春高校3年C組』(テレビ東京)で、バカリズムが担任を務めている。同番組は、16歳から20歳の素人を集めた「3年C組」の担任を売れっ子芸人が務めるというものだが、バカリズムはいったいどんな高校生だったのか? 2018年8月21日発売の『クイック・ジャパン』vol.139で、バカリズムはこのように語っている。

「僕の高校時代は野球がすべてだったので、たくさん食べて、授業中は居眠りをして、練習のために体力を温存してました。そこまで強豪ではなかったし、今考えるとありえないんですけど、本気で『甲子園出場』『全国制覇』を目指してました。だからといって、めちゃくちゃ野球が好きだったかというとそうでもなくて。負けず嫌いだったのでずっとやってきた野球を止めるのが嫌だったんです。意地ですよね」

おかっぱ頭とクールな芸風から、文化系だったのかと思われがちだが、バリバリの運動部だったというバカリズム。高校3年生の時に練習をサボった事件は、今でも“青春の1ページ”として強く記憶に残っているそうだ。

「朝、監督がちょうどグラウンドに来るタイミングで、部室の窓から逃げて、近所のジャスコで一日中遊んでました。みんな一緒だし、今日が楽しければ謹慎処分になっても構わない、くらいの解放感がありました。仲が悪くはないけれど、そんなに一体になることはなかった同級生と、試合以上に団結できた。正直、人生で一番ワクワクしました(笑)。走って逃げながら、『すげえこれ青春ぽいよね』って言った記憶もありますし、当時の同級生に会ったときも『あれすげえ楽しかったよな』って話します」

3年の夏の大会では福岡県のベスト16まで進み、野球を続けたかったものの、大学のセレクションには受からなかったため、日本映画学校に進んだバカリズム。青春を捧げた野球部生活については、「楽しくはなかったですけど、あの時期に、多少のことでは動じない今の自分が形成されたとは思います」と、語っている。

◆『クイック・ジャパン』vol.139(2018年8月21日発売/太田出版)


◆QJ公式ニュースメディア『QJWeb』が2020年スタート!
『クイック・ジャパン』本誌に関連する情報のほか、独自のカルチャーニュースを毎日配信中です。
QJWeb ⇛ https://qjweb.jp

【「お笑いとバラエティ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ