事件はお好み焼き屋で起きた
事件はお好み焼き屋で起きた
お笑いとバラエティ

『ANN』歴代最長記録を持つ岡村隆史 ラジオの転機となったDとの大喧嘩

Amazonより
『ケトル VOL.45』 Creepy Nuts(DJ松永、R-指定)、三四郎、山下健二郎(三代目 J Sou…ほか

昨年50周年を迎えた『オールナイトニッポン』(ANN)の歴史を語る上で、取り上げないわけにはいかないのが、「ANNはライフワーク」と語るナインティナインの岡村隆史。コンビ時代を含めると24年にもわたって『ANN』のパーソナリティを担当してきた岡村は、番組のパーソナリティ歴最長記録の持ち主だが、番組開始当初は「周りは敵ばかり」と思っていたそうだ。

『ケトルVOL.45』に掲載された、放送作家として番組を支えてきた小西マサテルとの対談で、「打ち合わせで目も合わせてくれない」「『コーナーを全部変えて欲しい』と言ってきた」など、スタッフに心を閉ざしていたことをバラされた岡村。その理由について、岡村はこう語っている。

「尖ってたのにはちゃんと理由があるんですよ。当時、大阪から来たばかりで敵か味方かわからんような人が周りにたくさんおったんですよね。ANNが決まったときも知らん人が突然、『プッシュしてやったよ』とか言ってくるし。『ええ……誰?』って。だから東京の人を信じたらあかんと思ってました。厄介な存在やったと思います(笑)」

結局、目を合わせるようになるまで半年かかったという岡村と小西。当時はディレクターと大喧嘩をしたこともあったそうだ。

「当時はカッコつけて、フリートークは『フリーでトークすべき』と信じて疑わなかった。20代の若造が、『ノートなんて見たらあかん。フリーでしゃべってオチつけて、CMに入るってのがキレイな流れだ』と思ってましたから」

ディレクターに「今日のオチは何?」と聞かれた岡村が、「面白いと思ったところでジングルを入れるのがそっちの腕の見せ所でしょ」と答えると、ディレクターが「そう言うけど面白くないんじゃ!」と、ブチ切れ、下北沢のお好み焼き屋で大喧嘩になったのだとか。その後の快進撃は今や説明不要だが、岡村は、

「もしかしたらあの日がなかったら今のANNはなかったかもしれませんよね。お互いの印象が良くない中でいいラジオなんてできませんから。もしかしたら、あのままラジオに絶望していたかもしれない。お互い意見をぶつけて喧嘩して……。あの日を境に少しずつ変わっていったような気がします」

と、しみじみと振り返っている。

◆ケトルVOL.45(2018年10月12日発売)

【「お笑いとバラエティ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ