『泥の女通信』にくまん子/太田出版
『泥の女通信』にくまん子/太田出版
ゲーム・アニメ・コミック

愛しきダメ女子を描くにくまん子のデビュー作『泥の女通信』発売

Amazonより
『泥の女通信』 にくまん子

「次にくるマンガ大賞」WEB部門にもノミネートされた「にくまん子」のデビュー短編集『泥の女通信』(太田出版)が4月16日に発売された。

『泥の女通信』は、やっかいな恋と人生を生きて往くダメダメな「私」たちを描いた14編に、描き下ろしを加えた短編集。

・どこでも元カノばかり引き合いに出す彼との対決 「元カノ魂いつまで」

・“とりあえず私たちで一旦くっついておこうか”── 「だってずっとずっとずっと友達」

・中学でクソオタ同士だったあの男子と久々の再会 「君は今日も笑って生きてる」

・朝起きたら知らん女が鬼の形相で立っていた 「なんかそういう日」

・ダメ男子社員に一匹狼OLが持ちかけた秘密の相談 「株式会社ドスケベぴんく」

・夜の街を歩いてた同僚女子を偶然目撃して… 「アツくてギトギトでベタベタを君は無理矢理」

など、“愛しきダメ女子”の姿を描き、ダ・ヴィンチとniconicoが運営する「次にくるマンガ大賞」のWEB部門にもノミネートされた。

にくまん子は今月、『恋煮込み愛つゆだく大盛』(ビームコミックス)も発売されており、一挙に2冊でほぼ同時にデビューした形となる。『泥の女通信』は2019年4月16日発売。定価は1000円+税。

【「ゲーム・アニメ・コミック」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ