今年は5月25日と26日に開催
今年は5月25日と26日に開催
アートとデザイン

アートと街が一体化する「六本木アートナイト」 第10回のテーマは「夜の旅、昼の夢」

東京・六本木の街を舞台としたアートの祭典『六本木アートナイト2019』が、5月25日(土)と26日(日)に開催される。

「六本木アートナイト」は2009年にスタートし、今回で10回目(2011年は東日本大震災の影響により中止)を迎えるイベントだ。六本木には国立新美術館、森美術館、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHTといった文化施設や六本木ヒルズ、東京ミッドタウンなどの大型複合施設が存在するが、六本木アートナイトは、それらに加えて商店街や公共スペースが連動。六本木の街で、アート作品、デザイン、音楽、映像の展示やパフォーマンスが楽しめるほか、美術館の開館時間延長なども実施される。

今年度は「夜の旅、昼の夢」をテーマに掲げ、アジアの現代アート界を代表するアーティスト、チェ・ジョンファをはじめ、多くのアーティストが六本木の街に集結。「六本木の街なかを移動する赤い玉」「巨大バルーン」「光る鳥」「浮遊する岩」などが登場し、アートと街が一体化する非日常的な体験を味わうことができる。

『六本木アートナイト2019』は、六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街ほか、六本木地区の協力施設や公共スペースにて、2019年5月25日(土)10:00~26日(日)18:00まで開催。入場料は無料(ただし、一部のプログラムおよび美術館企画展は有料)。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ