『ケトルVOL.51』(プレステ特集/太田出版)
『ケトルVOL.51』(プレステ特集/太田出版)
ゲーム・アニメ・コミック

実はあれもこれも? プレイステーション発のタイトルで生まれた新ジャンル

Amazonより
『ケトル VOL.51』 上田文人、原田勝弘、吉田修平、外山圭一郎、後藤禎祐、押切蓮介、米光一成、速水健朗、隅…ほか

12月3日、プレイステーションが発売から四半世紀を迎えました。これまでのゲーム史においてさまざまなジャンルのゲームが生まれてきましたが、初代PSが3DCGを駆使した豊かな表現を開拓したことで、ジャンルの多様性は大きく拡大。それによってゲームは大きな転換を迎えることになったと言えます。

たとえば黎明期に登場したパズルゲーム『I.Q Intelligent Qube』は、「だんご三兄弟」の作詞でも有名なクリエイターの佐藤雅彦さんが原案を担当。迫りくるキューブに押し潰されないようにキャラクターを動かしながら最小手数でキューブを消していくという新感覚のパズルアクションが大きな話題を集めました。

また「ロマンチックアクション」と銘打たれたパズルゲーム『塊魂』は、塊を転がして周囲のものを巻き込んで大きくしていくというシンプルながら不思議な世界観にハマるプレイヤーが続出。ゲームとしては異例のグッドデザイン賞も受賞しています。パズルゲームでもこれほど多様なジャンルが生まれたわけです。

そして、PSPでブレイクした『モンスターハンター』シリーズにおける「ハンティングアドベンチャー」も後に多くのフォロワーゲームを生み出すことにつながりました。ただモンスターを倒すのではなく、狩猟する。しかも、一人ではなく仲間と一緒に。このスタイルはオンラインゲームに馴染みのない層にも浸透し、その後のシリーズの躍進にも大きく貢献しました。

2020年にはPS5の発売も発表されています。機能の拡大があるのなら、当然ながら新たなジャンルが生まれる可能性も大いにあるでしょう。ゲームの可能性はまだまだ広がっていきそうです。

◆ケトルVOL.51(2019年12月17日発売)

【「ゲーム・アニメ・コミック」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ