『99歳、現役です! 最高齢ニッセイ・セールスレディーの生きかた働きかた』(太田出版)
『99歳、現役です! 最高齢ニッセイ・セールスレディーの生きかた働きかた』(太田出版)
読書・コラム・レポート

最高齢ニッセイ・セールスレディーの生き方をつづる『99歳、現役です!』

Amazonより
『99歳、現役です! 最高齢ニッセイ・セールスレディーの生きかた働きかた』 川上二三子

ニッセイで働く最高齢のセールスレディー、川上二三子さんの人生をつづった『99歳、現役です! 最高齢ニッセイ・セールスレディーの生きかた働きかた』(太田出版)が1月18日(土)に発売される。

川上二三子さんは1921年(大正10年)、岐阜県笠松町生まれ。50歳で日本生命のセールスレディーとして働き始めると、みるみる成績を延ばし、30年連続で全国売り上げ上位500名に与えられるグランプリを獲得して殿堂入りを果たした。そして川上さんはその後も優秀な成績を残し、89歳の時に売り上げ日本一を達成。今年99歳になるが、元気でお客様に接している。

同書は、高齢者の働きかたに関心が集まるなか、それを理想的な形で実践。縁を大切にし、縁に愛されたひとりの女性の波乱万丈の人生を一冊の本にまとめたものだ。その内容は、

「営業は、お客様の情報をどれだけ集められるかにかかっている」
「人脈は“つくる”のではなく“できあがる”もの」
「ネットの時代に、セールスレディーが求められるわけ」
「今、目の前にある縁を大事にする」

など、どのようなやり方でお客様を獲得してきたのかという彼女なりの方法を解説しているほか、幼少期、戦時下の娘時代、新婚、子育て、働き始めたきっかけなど、99年の人生を網羅。

「縁に良いも悪いもない」
「縁のあった人を応援する」
「ほしければ、“ほしい”と言いましょう」
「コンピューターにはできないこと」
「接客にマニュアルはいりません」

など、ビジネスや人生に役立つ数多くのヒントが紹介されている。

『99歳、現役です! 最高齢ニッセイ・セールスレディーの生きかた働きかた』(川上二三子/太田出版)は2020年1月18日(土)発売。1500円+税。

【「読書・コラム・レポート」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ