『Quick Japan』vol.147(太田出版)
『Quick Japan』vol.147(太田出版)
ゲーム・アニメ・コミック

美山加恋 声優業を経たことで広がった女優としての視野

Amazonより
『クイック・ジャパン147』

子役として数々の作品に出演してきた美山加恋が、声優にも活躍の場を広げている。小学校に入るか入らないかのうちから子役として活躍し、女優としてすでに十数年のキャリアを持つ彼女。当初は何を目標にこの世界に入ったのか? 2019年12月26日発売の『クイック・ジャパン』vol.147で、美山はこう語っている。

「当時は憧れの女優さんがいたわけでも、お芝居に興味があったわけでもなかったんです。たまたま、芸能事務所に入ったら役をいただけるようになって。なので、生活の一部というか、習い事に近い感覚だったかもしれません。ただ、現場で一緒に過ごすまわりの大人たちが“技の職人”だと気づいてからは、憧れを持ちました」

美山は、その後もドラマや映画で次々と印象的な役を担当。着実に女優としてステップアップを図っていたが、声優という仕事があるのを知ったのは、デビューから2~3年が経った頃だったという。

「7~8歳のとき、劇場版『NARUTO』の1作目『大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!』に出演したのがはじめての声優体験でした。主演のみなさんとは舞台挨拶でお会いしたとき『うわ、なんでナルトの声が隣から聴こえるんだろう』と衝撃を受けて。劇場で観たときも、絵に合わせて自分の声が出ていることに驚きました」

そして、劇場アニメ『ももへの手紙』(2012年)で主役をやり、本格的に声優を始めるようになった美山。声優をやるようになったことで、女優業にはどんなフィードバックがあったのか?

「声優をはじめる直前、『芝居ってなんだ?』って悩んだ時期があったんです。実写でのお芝居では、役を自分に寄せるやり方をしていたのですが、それはどこまで自分の経験を役に活かせるかとイコールだったので、どんどん自分が削れていって、追い込まれて。でも声優は、もうすでに役が完成されていて、そこに自分が合わせていく。それもお芝居なんだと気づいてからは視野が広がりました」

今ではかなりの数のアニメを見ているという美山は、最近では『ワンパンマン』がお気に入りで、「今の目標は、アニラジを持つこと」だとか。女優としても一流の彼女だが、2つの世界を両立させることで、さらに大きな存在へと羽ばたきそうだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.147(2019年12月26日発売/太田出版)

【「ゲーム・アニメ・コミック」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ