『GIRLS CONTINUE Vol.1』(太田出版)
『GIRLS CONTINUE Vol.1』(太田出版)
映画・演劇・ドラマ

『スマホを落としただけなのに』出演の鈴木拡樹 求められた「3の演技」

Amazonより
『GIRLS CONTINUE Vol.1』 内田雄馬

北川景子主演の大ヒット映画『スマホを落としただけなのに』の続編が、2月21日に公開された。千葉雄大が主演の続編には、新たな登場人物が多数登場するが、注目はIT社長の笹岡一を演じる鈴木拡樹だ。映画のPVでは、「M(犯人)はこの中にいる」という告知があり、その中の1人に含まれていた鈴木。犯人かもしれない役どころを演じる気分はどのようなものだったのか? 2020年2月25日発売の『GIRLS CONTINUE Vol.1』で、鈴木はこう語っている。

「この作品に出ている登場人物は、全員が怪しいなって疑われると思うんです。僕もいち参加者としては、やっぱり疑われる部分がなくてはいけなくて。じゃあそういった部分で、どういうところまで自分の感情を表に出していいものなのか。見えるかたちで出していいのか、怪しまれないようにあまり出さないようにするのか、っていう駆け引きが楽しかったのと、そういうお話を監督とできたことがおもしろかったですね。とても楽しくやっていました」

中田秀夫監督は明るい性格で、「現場自体も明るい雰囲気になっていた」のだとか。ただ、演技については、難しい要求もあったという。

「割と僕は(千葉雄大演じる)加賀谷の恋人の(白石麻衣演じる)美乃里ちゃんと関わっているシーンが多くて。相談を受けたりとか、恋愛のエピソードにも絡んでいくんですよ。なので、この相談をどこまでどういう気持ちで聞いていて、受け答えしているのかっていうことをパーセンテージ的な感じで監督は表現されるんです。『5段階で言うと、今3ぐらいは出していいかな』みたいな。3って一番難しいですよね。ただ説明がすごく丁寧な監督なので、非常にわかりやすくて助かりました」

振り切るわけでも、抑えるわけでもなく、「一番微妙なライン」(鈴木)を求められた鈴木。注目度の高い作品に出演したことは、大きな財産になったようだ。

「(今作は)単純に僕自身、『鈴木拡樹』を知らない方に知っていただく機会なのかもしれませんし、今回の作品を観ていただいて『何やってる人なのかな?』と気になってくださったなら、僕も割といろんなジャンルに挑戦している人間ではあるので、その中から何かを見てくれて、その人の人生の何かが広がってくれたらうれしいなと思っています。それはやっぱり、僕の活動する力に変わりますので」

今後も活躍が期待される鈴木。インタビューでは「恋愛に絡む役や父親役にも挑戦したい」と語ったが、その夢が叶うのはもはや時間の問題だろう。

◆GIRLS CONTINUE Vol.1(2020年2月25日発売)

【「映画・演劇・ドラマ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ