フェアは5月21日まで
フェアは5月21日まで
読書・コラム・レポート

BLでレポートを書きたい人へ 電子版『BL進化論』が期間限定で半額に

複数の大学の授業で、『BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす』(溝口彰子・著/太田出版)が必須図書(教科書)となることをうけ、学生応援企画として電子書籍版が期間限定で半額セール販売される。

男性同士の恋愛を軸にしたエンタテインメント・ジャンルのBL(ボーイズラブ)。『BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす』は、BLの歴史をたどりながらその謎に迫り、作品や作り手・受け手の意識、社会との向き合い方がどのように変化してきたかを、作品分析によって明らかにする一冊だ。

BLは主に異性愛女性が作り手・読み手であるにもかかわらず、近年、現実よりもホモフォビア(同性愛嫌悪)や異性愛規範、ミソジニー(女性嫌悪)から自由な作品が生まれている。同書では、プロローグの「BL進化論―ボーイズラブが社会を変える?」に始まり、

「『BL進化論』にとってのBL概史」
「ホモフォビックなホモと愛ゆえのレイプ? ―一九九〇年代のBLテキストの定型」
「ゲイの目線? ―まぼろしの(ような) 『やおい論争』を中心に」
「BL進化形」
「BLを読む/生きる―女性同士が『まぐわう』フォーラムとしてのBL」

という全5章でBLについて考察。溝口彰子×ブルボンの対談、「補遺1 理論編 『BL進化論』の理論的文脈」「補遺2 応用編 『BL進化論』と映画における男性同性愛」も収録されているほか、電子書籍ではスペシャル対談「JUNEからBLへ“心の不良”だったあの頃 翻訳家・柿沼瑛子×著者・溝口彰子」が特典となっている。

フェア期間は2020年5月1日(金)00:00~5月21日(木)23:59までで、Amazon Kindle版でのみ開催。フェア期間中は、価格が「2700円+税」から「1350円+税」となる。

【「読書・コラム・レポート」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ