『ケトルVOL.53』(クレヨンしんちゃん特集/太田出版)
『ケトルVOL.53』(クレヨンしんちゃん特集/太田出版)
ゲーム・アニメ・コミック

『クレヨンしんちゃん』しんのすけの妹・ひまわり 名前は視聴者公募で決まった

Amazonより
『ケトル VOL.53』 久野遥子、京極尚彦、小林由美子、曽我部恵一、末吉裕一郎、武田砂鉄、池田エライザ、神谷…ほか

「クレヨンしんちゃん」の主人公・しんのすけと言えば、大人顔負けの振る舞いでおなじみですが、そんなしんのすけをも時にタジタジさせてしまうのが妹のひまわり。原作では「週刊漫画アクション」の1996年8月20日号、アニメでは同年9月27日の放送回で初登場しました。

母親であるみさえのDNAをしっかりと受け継いだせいか、ひまわりは宝石などの光り物とイケメンがとにかく大好き。父親のひろしやしんのすけがあやすときには、滝沢秀明や木村拓哉といったジャニーズ系のイケメンの写真を切り抜いて作ったお面を被り、機嫌をとることがよくあります。また、美女に対しては敵愾心を燃やし、露骨に不機嫌になることもしばしばです。

0歳児にもかかわらず、ときにしんのすけをも圧倒するバイタリティを見せるひまわりですが、その名前はテレビアニメの視聴者からの公募で決まりました。番組には何十万通もの応募ハガキが届き、女の子の名前だけで数千通りも寄せられたそうです。そして、この大量の候補の中から原作者の臼井儀人先生が慎重に選び、「ひまわり」と名付けられることになりました。

アニメのストーリーでは、野原家のそれぞれが名前のアイデアを披露しており、しんのすけが「おしん」、みさえが「みさこ」、ひろしが「ひろみ」と、自分の名前が入ったものを考えていましたが、出生後もこれといった名前に決まらず、出産祝いに訪れた祖父の野原銀の介に相談することになります。

すると銀の介は「野原家の伝統」として、家族それぞれが自分の考えた名前を紙に書き、それを紙飛行機にして、もっとも遠くまで飛んだものに決定するという方法を提案しました。その結果、しんのすけの考えた「ひまわり」に決まったという経緯が描かれています。つまり、物語上でのひまわりの名付け親は、しんのすけなのです。

◆ケトルVOL.53(2020年4月15日発売)

【「ゲーム・アニメ・コミック」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ