『ケトルVOL.53』(クレヨンしんちゃん特集/太田出版)
『ケトルVOL.53』(クレヨンしんちゃん特集/太田出版)
ゲーム・アニメ・コミック

「クレしん」の母・みさえは、しんのすけも唸る「手ぬき料理」の達人

Amazonより
『ケトル VOL.53』 久野遥子、京極尚彦、小林由美子、曽我部恵一、末吉裕一郎、武田砂鉄、池田エライザ、神谷…ほか

「サザエさん」や「ドラえもん」といった国民的人気マンガは、作品から派生した本が多数出版されていますが、そういった本の中でも異例の内容なのが、「クレヨンしんちゃん」の母・みさえがテーマの『みさえの愛情たっぷり手ぬきレシピ』(双葉社)。著者はしんのすけの母・野原みさえで、なんちゃってレシピや電子レンジレシピ、コンビニレシピなど、簡単かつ愛情たっぷりな料理を紹介しています。

みさえが「妖怪ケチケチおばば」の根性を発揮する場所といえば、春日部市のサトーココノカドー。バーゲンセールの情報を目ざとく入手し、獲物を安くゲットしようと奮闘します。スーパーで手軽に購入できるものといえば、困ったときに大活躍する冷凍食品。調子に乗ってたくさん買ってしまうと使い道に困りますが、そういった冷凍食品も、みさえの手にかかれば、飽きずに使い切れそうです。SNSを中心に絶大な人気を誇り、『ジョーさんのねとめし神レシピ』などのレシピ本を手がける料理研究家・ジョーさんは、こう言います。

「レシピ本を読むと、主婦の味方となる冷凍食品を駆使して、まったく別の料理を生み出しているのが面白い。冷凍ピラフをイカに詰めた『Yo!Fu!イカしたイカ飯』は僕も食べてみたい」(ジョーさん。以下同)

しかし、そうやって主婦の味方となるアイテムを駆使しつつも、あれだけ毎日が慌ただしい野原家でしっかり時間をかけて料理をするのは大変そうです。みさえはどんな裏技を使っているのでしょう。

「電子レンジと炊飯器を活用して、つきっきりで鍋を見る時間を削っていますね。そのあいだに別の料理を作ったり、しんちゃんのお世話をすることもできる。そういった時短アイディアを生み出すところに主婦力の高さを感じます。

みさえは毎日ご飯を作っていて本当にエライ。でも『手ぬき』をうたいつつも、ちゃんと魚の下処理をしていたり、飾りつけの白髪ネギを用意していたりします。『これ以上サボるとひろしの目線が気になる』という矜持を感じました(笑)。もっと力を抜いてもいいんだよ、と言ってあげたいですね」

最後に、「野原みさえの手ぬき料理5か条」がこちら。

その1 ひと手間で子供向け・大人向けにアレンジすべし
その2 使う食材は少なくすべし
その3 晩ごはんの残りを活用すべし
その4 冷凍食品を有効活用すべし
その5 電子レンジと炊飯器を駆使すべし

ササッと美味しそうなご飯を作るプロ主婦・みさえが出したレシピ本には、料理研究家も唸らせる“手ぬき”のコツが詰まっていました。

◆ケトルVOL.53(2020年4月15日発売)

【「ゲーム・アニメ・コミック」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ