東京・南青山にオープン
東京・南青山にオープン
アートとデザイン

「ヨックモックミュージアム」が10月オープン ピカソのセラミック作品を紹介

10月25日(日)、東京・南青山に美術館「ヨックモックミュージアム」がオープンする。

この美術館は、洋菓子の製造・販売で知られる「ヨックモック」が収集してきたピカソのコレクションを紹介するものだ。画家として世界的に有名なピカソは、第二次大戦後にセラミックの制作にも着手。フランス南部の小さな村、ヴァローリスの工房で数千点にも上る作品を制作した。

ヨックモックグループは、30年以上をかけて、食器、大皿、水差しなど、ピカソのセラミック作品を500点以上収集。ヨックモック青山本店(港区南青山6丁目)にほど近い場所に誕生する同館で、それらを展示する。

館内は、地下1階から2階までの3フロアになっており、2階と地下階が展示室で、1階にはカフェ・グッズショップ・ライブラリーなどを設置。オープン記念展は、ピカソ研究者による最先端の研究が紹介される。また、参加型のアートセッション、研究者などによるトークセッション、ラーニングプログラムなども開催予定。カフェでは、ヨックモックが手掛けるハイエンドパティスリーブランド「アン グラン」のメニューなども楽しめる。

ヨックモックミュージアムは2020年10月25日(日)、港区南青山6-15-1(東京メトロ「表参道駅」徒歩9分)にオープン。開館時間は10:00~17:00(金曜は20:00まで)。休館日は月曜、年末年始、展示替期間(月曜日が祝日の場合、翌火曜)。チケット代は一般1200円。

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ