東京都現代美術館にて開催
東京都現代美術館にて開催
アートとデザイン

大人が忘れてしまった感覚を思い起こす『おさなごころを、きみに』展

7月18日(土)より、東京・木場の東京都現代美術館にて、誰もが持つおさなごころを体験的に問い直し、優れた芸術表現の可能性を知る『おさなごころを、きみに』が開催される。

この展覧会は、大人が忘れてしまった「おさなごころ」を思い起こし、メディアテクノロジーによる作品や映像を通して楽しむものだ。触覚、身体、音と言葉、忘却、宇宙などをテーマとした空間を巡りながら、インタラクティブ体験、身体表現、音や文字による作品資料や映像上映などを紹介。展示を通して、戦後から現在まで日本から世界に発信され、高く評価されている新旧のアート&テクノロジーを学ぶことができる。

会場は、「巡って楽しむ展示空間と関連プログラム」「高精細映像による作品上映」「STEAM教育(科学・技術・工学・数学に、芸術を加えたもの)と気づきの展示」という3つのポイントで構成。来館者は、8Kによる作品上映で映像と音を体感したり、身体を動かして作品の一部になったり、記念写真を撮ったり宇宙に触れたりしながら空間を巡ったりと、大人も子供も楽しめるものとなっている。

『おさなごころを、きみに』は2020年7月18日(土)~9月27日(日)まで、東京都現代美術館(江東区三好4-1-1 東京メトロ「清澄白河駅」徒歩9分)にて開催。開館時間は10:00~18:00。休館日は月曜(8月10日、9月21日は開館)、8月11日、9月23日。観覧料は一般1300円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ