『Quick Japan』vol.150はYouTube特集
『Quick Japan』vol.150はYouTube特集
お笑いとバラエティ

TVとYouTubeを横断するEXIT なぜ2つの世界を行き来する?

Amazonより
『クイック・ジャパン150』 EXIT、kemio、YouTube

いわゆる“お笑い第7世代”の中でも異質な存在なのが、りんたろー。と兼近からなるお笑いコンビのEXIT。同世代には、TVを活動の中心にしている芸人もいる中で、彼らはYouTubeという自由な遊び場での自己表現を重要視している。彼らにとってYouTubeとは何なのか? 2020年6月26日発売の『クイック・ジャパン』vol.150で、EXITの2人はこう語っている。

兼近 「やっぱり、TVを観てる世代とYouTubeを観てる世代って全然違うんで。『YouTubeで知りました』って言って劇場に来てくれる若い人も今はいっぱいいますし。だから、TVを観ない層に向けてやってる感じです」

りんたろー。 「TV観てなくて、俺らのことも観たことないって人もいっぱいいますから」

ある一定以上の年代にとってTVは娯楽の王様だが、そういった常識は過去のものになりつつあるということ。彼らにとってはYouTubeこそ自然体な姿を見せられる場所だという。

兼近 「YouTubeだと、もうキャラとかないっすから。100パーセント『兼近』でやってます。ありのままでしゃべってるから楽しいですよね」

りんたろー。 「『このコメントはチャラくないかな……』とか考えなくていいからね。『チャラい部分もチャラくない部分も、どっちも俺らなんだよ』みたいな。YouTubeは、やっぱり本音でしゃべってるよね」

TVとYouTubeを自由に行き来するEXITは、これからのエンターテイナーの1つのモデルになりそう。チャラ男のイメージとは裏腹に、「TVしか観ない人も知ってるし、YouTube しか観ない人も知ってる。いろんな分野で“共通の存在”になりたい」(兼近)というしっかりとしたプランを描く彼らは、まだまだ大きく羽ばたきそうだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.150(2020年6月26日発売/太田出版)

◆QJ公式ニュースメディア『QJWeb』が2020年スタート!
『クイック・ジャパン』本誌に関連する情報のほか、独自のカルチャーニュースを毎日配信中です。
QJWeb ⇛ https://qjweb.jp

【「お笑いとバラエティ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ