『Quick Japan』vol.150はYouTube特集
『Quick Japan』vol.150はYouTube特集
音楽と動画

鬼龍院翔 「YouTubeで1時間焚き火」の意図

Amazonより
『クイック・ジャパン150』 EXIT、kemio、YouTube

今やアーティストがYouTubeチャンネルを持つのが当たり前の時代だが、中でも充実したコンテンツを誇るのが、ゴールデンボンバーの公式チャンネルだ。MV、ライブ動画、トーク、生配信など、いくつかのチャンネルにアップされていたものを、今年3月に集約したばかりだが、どんな経緯で公式チャンネルが設置されたのか? 2020年6月26日発売の『クイック・ジャパン』vol.150で、鬼龍院翔はこのように語っている。

「ゴールデンボンバー単体のチャンネルにさせてほしいという話は、ずいぶん前からしてたんですが、後回しにされてしまっていました。そもそも動画が複数のチャンネルに分かれているのって、ユーザーからすれば不便ですからね。それに、僕らにとって動画投稿は以前からずっと重要なツールなんですけど、こうしてライブイベントが当面できない状況になってくると、いよいよこれからYouTube にかける力の比重は高まってくるだろうと。なので、そこはもう後回しにしないでくださいと事務所に伝えて、今回ようやく話が進んだんです」

膨大な動画が整理整頓され、ファンが観たい動画にたどり着きやすい環境が整ったゴールデンボンバー。そんな中でも最近話題になったのが、鬼龍院が延々と焚き火をしている動画だが、あれはどういった発想から生まれたのか?

「焚き火はもともとやりたいと思ってたんですよ。毎年3月14日のホワイトデーに僕が変な動画を上げるのが恒例になってたので、自分自身にも睡眠導入効果があった焚き火を撮影して、長尺動画にしてみようと。年明けから準備していたら、そのあとでライブができない事態になったので、こうなったらほかの癒し動画も撮ろうということになったんです。

僕はもともと芸人を目指していたのもあって、『ボケたい』という気持ちが根底にあるんですね。つまり、あの焚き火はただのボケであって、僕はそのボケに対するコメント欄のツッコミを楽しんでるだけなんです。『ライブができない今だからこそ新しいアプローチを!』とか、そういう崇高なことではないし、もちろんああいう動画が今後の活路になるとも思ってないです(笑)」

焚き火動画は大変な話題となり、再生回数は80万回を突破。音楽業界はコロナ騒動で大変なダメージを受けているが、そんな時期でもファンを癒やす動画を作れる鬼龍院なら、きっと“画期的なこと”を思いついて、またファンたちを楽しませてくれるに違いないだろう。

◆『クイック・ジャパン』vol.150(2020年6月26日発売/太田出版)

◆QJ公式ニュースメディア『QJWeb』が2020年スタート!
『クイック・ジャパン』本誌に関連する情報のほか、独自のカルチャーニュースを毎日配信中です。
QJWeb ⇛ https://qjweb.jp

【「音楽と動画」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ