『Quick Japan』vol.150はYouTube特集
『Quick Japan』vol.150はYouTube特集
音楽と動画

ニューシングル発売の藤田恵名 「今に見とけよ」という気持ちを歌で発散

Amazonより
『クイック・ジャパン150』 EXIT、kemio、YouTube

シンガーソングライターとグラビアアイドルの二足のわらじを履く藤田恵名のニューシングル『DEAD STROKE』が、6月に発売された。同作はTVアニメ『バキ 大擂台賽』のEDテーマで、破壊衝動満載のロックチューン。「戦闘力が上がる」楽曲がコンセプトの彼女にとっては、待望のタイアップだったようだ。2020年6月26日発売の『クイック・ジャパン』vol.150で、藤田はこのように語っている。

「最初は今まで通り作れば良いと思っていたのですが、やはり『バキ』のタイアップとなると、『これでいいのか』と考え込んでしまって、歌詞を何度も書き直しました。一曲にこれほど時間を使ったことは今までなかったですね。何度歌っても喉を痛めないようにすることもテーマだったので、負担になりそうな箇所は1文字単位で削ったりして」

歌詞には「死ぬか生きるかここで突き付けろ」「魂は売らない」など、力強いフレーズも登場。メタル寄りのサウンドと歌詞が、作品のイメージをしっかり伝えているが、彼女から感じられる“強さ”の原動力は何なのか?

「悔しい、という感情が大きいかもしれません。バカにされたりないがしろにされたりした経験が多いので、『今に見とけよ』という気持ちを歌で発散しているところはあります。普段から思ったことをメモしているのですが、ちょっと見せられないくらい過激な内容もあって……。しかもライブができない状況なので、性格がどんどん屈折していくのを感じます(笑)」

そんな藤田はグラドルとしての活動でも知られているが、7月には1つの大きな節目を迎える。これまではロックなイメージが強かったが、将来的には「歌謡曲を聴かせたい」という彼女。イメージ脱却は叶うのか?

「今年で30歳なんですけど、想像していた30歳の自分とは違って、絶望の毎日です(笑)。予定では紅白に2、3回出ていたので……。だけど、年齢と共に右肩上がりになっていて、自分の伸びしろ、あるなって思います(笑)。まだ全裸ジャケットやっている自分を自分でほめたいですよ」

ステイホームの期間にはギターの練習に励み、まさに準備は万端。「いま、一番脱げるシンガーソングライター」というインパクト抜群のキャッチフレーズが世に知れ渡るのは時間の問題と言えそうだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.150(2020年6月26日発売/太田出版)

◆QJ公式ニュースメディア『QJWeb』が2020年スタート!
『クイック・ジャパン』本誌に関連する情報のほか、独自のカルチャーニュースを毎日配信中です。
QJWeb ⇛ https://qjweb.jp

【「音楽と動画」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ