『Quick Japan』vol.150はYouTube特集
『Quick Japan』vol.150はYouTube特集
お笑いとバラエティ

ぺこぱ 限りなく素に近いYouTubeチャンネルの魅力とは

Amazonより
『クイック・ジャパン150』 EXIT、kemio、YouTube

昨年のM-1で鮮烈な印象を残した「ぺこぱ」の限りなく素に近い姿が見られるのが、YouTubeに開設されている『ぺこぱチャンネル』。凝った動画を提供する芸人も多い中、彼らの動画はほとんど“無加工”だが、これはどんな狙いがあるのか? 2020年6月26日発売の『クイック・ジャパン』vol.150で、ぺこぱの2人はこう語っている。

松陰寺 「毎日なにかしらをアップすることだけで、企画はその場の思いつきです(笑)。M-1が終わったあとに、『YouTube やったほうがいいよ』っていう皆さんの声があって。でも、ちょうどたくさんお仕事をいただいている時期だったんで、YouTube 用になにかをする時間がなかったんです。だから、楽屋や舞台袖で素っぽいところを撮ってアップし始めました」

松陰寺が「ありえないくらいハードルを下げてやってます(笑)」と語れば、シュウペイは「ノンフィクションです」と、解説。それゆえほとんどボツは無いそうだが、オンとオフでいえば、あくまでも“オフ”ではないという。

松陰寺 「オフにすると、おじさんが黙ってるだけになっちゃうんで、一応YouTube を撮るときのオンになってます」

シュウペイ 「さすがにオンという意識がないことはないよね」

動画では、メイクと衣装の問題で松陰寺になれず、松井勇太(松陰寺の本名)に戻ることもある『ぺこぱチャンネル』。昨年末以降、TVには出ずっぱりの状態が続くが、今後はどんな展開を考えているのか?

シュウペイ 「ありがたいことにTVとかいろいろなお仕事をいただいているので、そっちを優先しつつ、空いた時間でできることをやっていくスタンスです」

松陰寺 「もともとそんなガッツリやるつもりじゃなかったので。ただ、これだけ趣味とか好きなことがいっぱいある世の中では、インターネットの需要が伸びてくるのかなーと思うんです。もちろんTVに出ることへの憧れがありますけど、YouTube ともうまく付き合っていきたいなーと思ってます」

現時点の緩いスタンスのYouTubeも魅力的だが、昨年のM-1では、誰も傷つけない“突っ込まないツッコミ“で話題をさらった彼らなら、きっと斬新な動画を提供してくれるはず。「ラジオとは違う”別電源“っていう感覚」(松陰寺)という『ぺこぱチャンネル』は、これからも要チェックだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.150(2020年6月26日発売/太田出版)

◆QJ公式メディア『QJWeb』のご案内
『クイック・ジャパン』本誌に関連する情報や、独自のカルチャーニュースを毎日配信中!
QJWeb ⇛ https://qjweb.jp

【「お笑いとバラエティ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ