『ケトルVOL.56』はクリストファー・ノーラン特集
『ケトルVOL.56』はクリストファー・ノーラン特集
映画・演劇・ドラマ

クリストファー・ノーラン監督 大学で学んだ文学がインスピレーションの源に

Amazonより
『ケトル VOL.56』 佐藤大、前島秀国、原田眞人、名越康文、文月悠光、曽我部恵一、松崎健夫、武田砂鉄、池田…ほか

9月に公開された『TENET テネット』が大ヒット中のクリストファー・ノーラン監督。彼の作品の娯楽性が“迫力あるリアルな映像”にあるとするならば、その作家性は文学をインスピレーションの源にしている点にあります。

というのも、7歳で映画を撮り、将来の夢を映画監督に定めていたノーランですが、意外にも大学で専攻したのは英文学。「映画と関係のないものを学ぶことで、物事の別の見方を得たかった」と語っているように、彼は文学の知識をハリウッド大作に活用することで、独自の作風を磨き上げていったのです。

例えば、『インセプション』は幻想的な作風で知られるアルゼンチンの作家、ホルヘ・ルイス・ボルヘスの『円環の廃墟』や『隠れた奇跡』といった短編小説から着想を得ていますし、『ダークナイト ライジング』はチャールズ・ディケンズの『二都物語』が物語のベースとなっています。

また、ノーラン映画の主人公は、しばしば観客に対して事実と異なることを語ります。それは本人が間違いを信じてしまっているためですが、これは文学理論における「信頼できない語り手」として有名な手法。『フォロウィング』や『メメント』といったノーランの初期作品には、このテクニックが特に効果的に使われています。

ノーランは少年時代からの映画ファンだけあり、作中にさまざまな映画作品へのオマージュをちりばめています。その意味ではクエンティン・タランティーノとも似ていますが、タランティーノに対して、ノーランがよく「難解」だと言われるのは、アイデアの参照元が映画だけでなく、古今東西の文学にも及んでいることが大きいでしょう。

◆ケトルVOL.56(2020年10月15日発売)

【「映画・演劇・ドラマ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ