『Quick Japan』vol.152は「ヤバイT シャツ屋さん」特集
『Quick Japan』vol.152は「ヤバイT シャツ屋さん」特集
お笑いとバラエティ

ハナコ岡部×秋山 もしあの時、秋山と岡部がコンビを組んでいたら…

Amazonより
『クイック・ジャパン152』 かまいたち、ハナコ、ヤバイTシャツ屋さん

2018年の『キングオブコント』で優勝し、一躍スターの仲間入りを果たした「ハナコ」は、秋山寛貴と菊田竜大が組んでいたお笑いコンビ「ウエストミンスター」に岡部大が加わって結成された3人組。もともと別々のコンビで活動していた岡部と秋山は、どういった間柄だったのか? 2020年10月24日発売の『クイック・ジャパン』vol.152で、岡部と秋山はこのように語っている。

岡部 「ウエストミンスターとは(ワタナベコメディスクールで)同じクラスで、もう解散しちゃったハチクミってコンビと、僕のいるエガラモガラと3組で一緒にいるときはありましたね。でもあんまり話したことはなかったです。ネタ書いてるのは秋山だって聞いてたんで『お笑い好きなんだろうな~!』って思ってました」

秋山 「僕らがシュールだったのとは真逆で、エガラモガラはわかりやすくてツッコミもスタンダードで、“ザ・お笑い”って感じがしてました。このまま順調に世に出ていくんだろうな、って思ってましたね」

互いを高く評価していた2人だが、秋山が岡部から「ウエストミンスターに入れてほしい」という電話をもらった際、秋山の脳裏には「菊田と解散して、岡部とコンビを組む」という選択肢も浮かんだという。岡部はなぜトリオがいいと思ったのか?

岡部 「ウエストミンスターに僕が入ってやってみるのが楽しそうだなって思ってましたね。コンビ時代も秋山がやってたのは今のポジションとそこまで変わらないんですよ。菊田とふたりだと説明もするし傍観者っぽくもあったんで、そこにもうひとり、もっとわかりやすく変なことやってるヤツがいてもよさそうかなって思っちゃって」

現在は、秋山と岡部が話し合いながらネタを作っているという。やりにくく感じることもあるのだろうか?

岡部 「やりづらさは最初からなかったですね。お互いに、相手がパッと出したものをふくらませていく感じで、コンビのときと比べて『うーん』って詰まる時間が格段に減りました」

秋山 「たしかに、同時に詰まることはあんまりないですね」

岡部 「いい感じに、似たところもあればちょっと違うところもあるんですよね。僕はベタというか伝わりやすいほうが好きなんで、秋山がシュールなことを考えてきたときに『こうしたほうがもうちょい伝わりやすいんじゃない?』ってアドバイスできたり、逆に僕がめっちゃベタベタな展開考えたときに秋山がちょっと変なスパイスを入れてくれたり」

岡部によると、秋山はネタ作りにはストイックで、夜中に突然ネタを送ってくることもあるのだとか。5月から6月にかけて予定されていた単独ライブはコロナで中止になってしまったが、次の単独ライブも必見のものになりそうだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.152(2020年10月24日発売/太田出版)

◆QJ公式メディア『QJWeb』のご案内
『クイック・ジャパン』本誌に関連する情報や、独自のカルチャーニュースを毎日配信中!
QJWeb ⇛ https://qjweb.jp

【「お笑いとバラエティ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ