『Quick Japan』vol.152は「ヤバイT シャツ屋さん」特集
『Quick Japan』vol.152は「ヤバイT シャツ屋さん」特集
音楽と動画

超ハロプロ好きのヤバTしばた 「アイドルは『お布団』。癒やされてパワーももらえる」

Amazonより
『クイック・ジャパン152』 かまいたち、ハナコ、ヤバイTシャツ屋さん

ロックバンド「ヤバイTシャツ屋さん」のボーカル/ベースのしばたありぼぼは大のアイドル好き。なかでも愛してやまないのが元・モーニング娘。の道重さゆみだ。道重Tシャツがトレードマークのしばただが、アイドル好きになったきっかけは何だったのか? 2020年10月24日発売の『クイック・ジャパン』vol.152で、しばたはこう語っている。

「小学生のときに、モーニング娘。(以下、モーニング)をTVで見てカッコいいなと思いました。当時の私は日本の文化に馴染めず、心を閉ざした暗い子で。でも、キラキラした女の子を見て、私も明るくなりました。学校の友だちとも、モーニングを介してしゃべれるようになりました。曲調にも惹かれたんです。王道にかわいい感じではなくて、あえてダサい振りを踊ったり歌詞が変だったり。ちょっと面白要素があるところがツボにハマったんだと思います」

当時は石川梨華が好きで、中学生時代はモーニングやBerryz工房のライブに足繁く通い、「道重さんと出会ってオタクに」なったというしばた。今は自分が“観られる側”に回ったが、ハロープロジェクトとの出会いは、パフォーマンスに大きな影響を与えているという。

「『責任能力の高さ』は、ハロプロから学んだと思います。だから、私もイメトレは欠かさない。失敗した場合までイメージして、メモしておきます。あと、オーバーに表現する。大げさに歌詞に沿った表情をして、顔から楽しませるのがハロプロ精神であり、つんく♂さんイズムだと思うんです。楽曲は意識していないけど、こやま(たくや=ヤバTのメンバー)さんから『しばたの曲はハロプロっぽい、変に頭に残る』って言われたことがあります。ハロプロを聴いて育ってきたんで、体に染みついているんでしょうね」

これ以外にも「ハロプロは基本プロフェッショナル」「ライブも雰囲気が作り込まれていて…」「一人ひとり努力をしている」と、ハロプロの魅力を熱く語るしばた。“初心者”へのオススメとして、BEYOOOOONDS の『眼鏡の男の子』を挙げたが、ずばり彼女にとって、アイドルとはどんな存在なのか?

「『お布団』みたいです。癒されもするし、パワーにもなるし、心も体もリセットされる。もやもやしていたことも頭からふわっと抜けて、今日も1日頑張ろうって気持ちになれます」

しばたが初めて行ったハロプロのライブは、大阪で行われた中澤裕子の卒業直前のモーニング娘。のライブだというから、かれこれ20年近くも前のこと。ハロプロを通じて学んだ責任感や表現力が、ヤバTとしての活動にも大きな影響を与えているようだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.152(2020年10月24日発売/太田出版)

◆QJ公式メディア『QJWeb』のご案内
『クイック・ジャパン』本誌に関連する情報や、独自のカルチャーニュースを毎日配信中!
QJWeb ⇛ https://qjweb.jp

【「音楽と動画」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ