電子書籍化が実現
電子書籍化が実現
読書・コラム・レポート

百田尚樹の”愛をめぐる珠玉の短編集”『輝く夜』 電子書籍化が実現

百田尚樹氏の『輝く夜』の電子書籍化が、百田氏の強い意向により実現。12月24日に発売される。

『永遠の0(ゼロ)』が500万部を超える大ヒットとなった百田氏。『輝く夜』は、『永遠の0』で全国の読者を感涙の渦に巻き込んだストーリーテラーが贈る、愛をめぐる珠玉の短編集だ。同作は、「聖夜の贈り物」として2007年に発売され、電子書籍版で「輝く夜」へと改題。「魔法の万年筆」「猫」「ケーキ」「タクシー」「サンタクロース」からなる5つのストーリーが収録されている。

百田氏は電子書籍化にあたり、

〈舞台はクリスマスイブです。
真面目に誠実に生きてきたにもかかわらず、幸運に恵まれなかった五人の女性たちに、幸福が舞い降りるという物語です。
しかしこの短編集は単なる夢物語ではありません。彼女たちが手にした幸せは、決して幸運の女神が気まぐれで与えたものではありません。
真面目に誠実に生きてきた彼女たち自身が引き寄せたものです。
私がこの本で本当に描きたかったことは、「希望」と「美しい生き方」なのです〉

というメッセージを寄せている。

電子書籍『輝く夜』は、2020年12月24日より各電子書店で順次配信開始。500円+税。

【「読書・コラム・レポート」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ