東京都庭園美術館にて開催
東京都庭園美術館にて開催
アートとデザイン

『20世紀のポスター』展 時代を彩った作品で変遷と存在意義を問う

1月30日(土)より、東京・白金台の東京都庭園美術館にて、「20世紀のポスター[図像と文字の風景]──ビジュアルコミュニケーションは可能か?」が開催される。

この展覧会は、「構成的ポスター」が20世紀を通じて遂げた発展と変容のプロセスを、130点のポスターを通じてたどるものだ。1910年~1920年代にかけてヨーロッパでは、図や文字を幾何学性・抽象性・象徴性のもとに捉え、それらを融和して構成する表現様式(=構成主義)が誕生。ビジュアルデザインの世界で、数多くのアーティストやデザイナーが革新的な作品を生み出し、そのスタイルは今日に至るまで連綿と続いている。

会場は、「図像と文字の幾何学」「歴史的ダイナミズム」「コミュニケーションのありか」という3つの章で構成。現代のビジュアルデザイン文化の源流、1920年代の勃興から1990年代のコンピュータグラフィックスに至る構成的ポスターの変遷を紹介し、「ポスターとは何か」「いま、ポスターをいかに見るべきか」を探ることで、未来におけるポスターの存在意義を問う。

「20世紀のポスター[図像と文字の風景]──ビジュアルコミュニケーションは可能か?」は、2021年1月30日(土)~4月11日(日)まで、東京都庭園美術館(港区白金台5-21-9 東京メトロ・都営地下鉄「白金台駅」徒歩6分)にて開催。開館時間は10:00~18:00。休館日は2月10日、24日、3月10日、24日、4月5日。入館料は一般1100円。

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ