太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 大久保佳代子が女優業に意欲「センスよさげな監督の常連になりたい」

テレビ

大久保佳代子が女優業に意欲「センスよさげな監督の常連になりたい」

2月12日発売の『クイック・ジャパン』vol.106は、放送作家10名による「ザ・テレビ・オブ・ザ・イヤー2012放送作家座談会」を実施。「パーソン・オブ・ザ・イヤ―2012」には、オアシズの大久保佳代子が選ばれた。売れっ子放送作家たちが口々に、

「どの組み合わせでも“大久保”というポジションをぶれずに守ってた」
「今、一番腹くくってる人かもしれない」
「今、嫌いな人いないんじゃない?」

と絶賛した大久保。座談会で出た「女性の部分が強いのに面白い」という意見に対し、彼女は喜びを隠さない。

「嬉しいですね。お給料の発生する7、8割が、下ネタを言うか、イケメンにセクハラするかなんで(笑)。だからあんまり下品にならない、汚くならない、引かれない、ようには気をつけてます」

昨年の大きな仕事として、『アメトーーク』の「下ネタ大好き芸人」(11月15日放送)と、『しゃべくり007』をピックアップした大久保。彼女は、「番組に呼ばれても、何もやらないで帰ることがまだ4回に1回ぐらいあります」と謙遜したが、何かが彼女の中で変わったのだろうか?

「私が恵まれてるのは、OLの時は周りが素人キャラをつけてくれて、今度、性欲強いのも周りが盛り上げてくれて……。まあ、そこに適合してきた私はすごいと思うんですが(笑)。そういうのを1個1個自分なりにやってきたことが、自信になったのかなという気がします。でも自分じゃ分からないですよね」

ちなみに、そんな大久保の成長を、相方の光浦靖子はどう見ているのだろう?

「お互いピンの仕事については話さないんで……。でもコンビを始めた頃は光浦さんが全部背負っていたのが、今は個々でちゃんとしてるんで。2人で呼ばれてもどっちかが面白いことを言えばいいし、そのへんはアリと思ってくれてるんじゃないですか」

そう答えた大久保に、「今後してきたい仕事は?」と尋ねると、「お笑い1本でこのキャラだとまもなく息切れするはずだから、女優業はぜひ。面白くてセンスよさげな監督が作る作品の常連になりたい」とのこと。あとは、「『これ誰も見てないんじゃないか?』というぐらいプレッシャーがかからなくて、30分前に入ってゆるくやれるような(笑)。そういう番組はこまめにやっておきたい」そうだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.106(2013年2月12日発売/太田出版)

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

雑誌カテゴリー

特集カテゴリー

ARCHIVE

人気の記事

TWITTER