太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 岡崎体育 いまだに実家暮らしを続けるのは周到な戦略?

音楽

岡崎体育 いまだに実家暮らしを続けるのは周到な戦略?

6月14日にメジャーセカンド・アルバム『XXL』を発売し、今年の夏は数々のフェスに出演。歌番組、CM、アニメとのタイアップなど、人気・知名度とも急上昇中の岡崎体育は、今も京都の実家で暮らしている。これほど売れっ子になっても、なぜ岡崎は実家を出ないのか? 現在発売中の『クイック・ジャパン』vol.132で、母親とともにインタビューに答えた岡崎はこのように語っている。

「ひとりっ子でおじいちゃんおばあちゃんと一緒に暮らすと、全部やってもらえますよね。だから、いまだに病院行く時にオカンとか診察についてきたりするので、診察券とかどこに出したらいいのかわからないんです。ひとりでの生き方がわからなくて」

最近では、ようやく病院にひとりで行けるようになってきたものの、「年金の払い方もわからない」と語る岡崎。「マザコンではない」という岡崎だが、家を出る予定はまったくないそうだ。

「もったいないですね。実家にいるのも庶民感出すためのひとつのブランディングなんで、いれる限りは実家にはいたいなと。あと実家で仕事していると、完成したら一番最初に聴かせる人がすぐにおるんです。隣の部屋に。だからどの曲も一番最初に聴いてますよ」

母親からは、「歌詞こっちのほうがいいで」といった口出しが入ることもあり、その通り変更することもあるのだそう。ちなみに母親がニューアルバムで一番好きなのは、ラストの『式』だが、「岡崎体育らしいと思ったのは8番の曲(『観察日記』)」だそうだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.132(2017年6月23日発売/太田出版)

【関連カテゴリ】
クイックジャパン音楽

最新記事

RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE