太田出版ケトルニュース

現在のページ(パンくずリスト)
トップ > NEWS > 流行の最先端パリの女性の姿に迫る「ボストン美術館 パリジェンヌ展」

アート

流行の最先端パリの女性の姿に迫る「ボストン美術館 パリジェンヌ展」

1月13日(土)より、東京・砧の世田谷美術館にて、18世紀から20世紀のパリを体現する女性たちの姿に迫る展覧会『ボストン美術館 パリジェンヌ展』が開催される。

この展覧会は、芸術の都・パリを彩る女性たちにフォーカスをあて、美術作品や資料を通して彼女たちの姿や人生に迫るもの。芸術館が集うサロンを仕切る女主人、流行を生み出した先鋭的なファッショニスタ、画家のモデルとなった美貌の持ち主、自らの才能と努力で道を切り開いた画家や女優たちの姿を、ボストン美術館が所蔵する作品からたどる。

会場には、ドガ、マネ、ルノワールら印象派の画家たちが描いた女性がモデルの作品をはじめ、宮廷文化華やかなりし頃のドレスやティーセット、フランス革命によって大きく変化した社会を生き抜く庶民たちを描いた風俗画、カルダンやバレンシアガのドレスなどが登場。常に世界の流行をリードし、注目を集めてきたパリの女性に迫る。

『ボストン美術館 パリジェンヌ展』は、2018年1月13日(土)~4月1日(日)まで、世田谷美術館(世田谷区砧公園1-2 東急田園都市線「用賀駅」徒歩17分)にて開催。開館時間は10:00~18:00。休館日は月曜(2月12日は開館。翌13日は休館)。観覧料は一般1500円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

おすすめ記事

新着記事

SNSでも「ケトルニュース」更新情報を受け取れます。
Twitter:

Facebook:

不定期配信メルマガ「太田出版Club OH」でも新刊・更新情報をご案内中です。
RSSフィード
太田出版ケトルニュース RSS

CATEGORY

ARCHIVE

人気の記事