東京の創造力をみせる展覧会 『東京アートミーティング』展
アートとデザイン

東京の創造力をみせる展覧会 『東京アートミーティング』展

11月7日(土)より、東京・木場の東京都現代美術館にて、“東京”がテーマの展覧会『東京アートミーティングVI “TOKYO”-見えない都市を見せる』が開催される。

この展覧会は、2020年の東京五輪を前に改めて議論の話題となることが多い東京を、文化的な視点から探るもの。サブカルチャー、ポップカルチャー、アート、テクノロジーが交差し、世界からも注目される東京の創造力の源泉を多角的に探る。

会場は、「各界で活躍する東京のクリエイターが、それぞれの視点でキュレーションした『東京』」と「国内外の作家が『東京』をテーマにつくる新作」の2つのテーマによって構成。宮沢章夫が「記号としてのファッション」「デジタルな非身体」「メディアとしてのYMO」などのキーワードを手がかりにYMOを読み解くほか、蜷川実花、スーパーフレックス、ホンマタカシら9か国51組のアーティストが、アート、音楽、映像、デザインなどを通じて文化都市・東京を描き出す。

『東京アートミーティングVI “TOKYO”-見えない都市を見せる』は、2015年11月7日(土)~2016年2月14日(日)まで、東京都現代美術館(江東区三好4-1-1 東京メトロ「清澄白河駅」徒歩9分)にて開催。開館時間は10:00~18:00。休館日は月曜(11月23日、1月11日は開館)、11月24日、12月28日~1月1日、1月12日。観覧料は一般1200円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【「アートとデザイン」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ