トイ・ストーリーやニモはどうやって生まれた? 設立30周年「ピクサー展」
ゲーム・アニメ・コミック

トイ・ストーリーやニモはどうやって生まれた? 設立30周年「ピクサー展」

3月5日(土)より、東京・木場の東京都現代美術館にて、『トイ・ストーリー』『ファインディング・ニモ』などで知られるアニメーション・スタジオ「ピクサー」の展覧会『スタジオ設立30周年記念 ピクサー展』が開催される。

ピクサーは、1986年にジョン・ラセター、エド・キャットマル、スティーブ・ジョブズらが出会い、アメリカのカリフォルニアに設立された。コンピュータアニメーションの優れた技術、独創的なストーリー、愛らしいキャラクターで他の追随を許さない人気を誇るピクサーには、技術スタッフと同じぐらいの数のアーティストやデザイナーが在籍。創造性豊かな作品は、そういった土壌から生まれている。

同展は、今年設立30周年を迎えたピクサーの創作活動にスポットをあて、500点にもおよぶアートワークや、ストーリー、キャラクター、世界観が堪能できる品々を紹介。2005年のニューヨーク近代美術館を皮切りに世界各国を巡回した展覧会が、いよいよ日本に上陸する。

『スタジオ設立30周年記念 ピクサー展』は、2016年3月5日(土)~5月29日(日)まで、東京都現代美術館(江東区三好4-1-1 東京メトロ「清澄白河駅」徒歩9分)にて開催。開館時間は10:00~18:00。休館日は月曜日(ただし3月21日、5月2日、5月23日は開館)、3月22日(火)。観覧料は当日一般1500円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【「ゲーム・アニメ・コミック」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ