長澤まさみ 主演作『50回目のファーストキス』は「こんなに笑って泣ける映画はない」
映画・演劇・ドラマ

長澤まさみ 主演作『50回目のファーストキス』は「こんなに笑って泣ける映画はない」

Amazonより
『ケトル VOL.42』 小島よしお、東出昌大、正田真弘、長澤まさみ

現在放送中の『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)でヒロインを演じている長澤まさみの主演映画『50回目のファーストキス』が、6月1日に公開される。2018年4月14日発売の雑誌『ケトルvol.42』で、「撮影が楽しかった作品」と長澤が語った同作は、いったいどんな物語なのか。

『50回目のファーストキス』は、2004年公開の同名ハリウッド映画をもとにした、ハワイのオアフ島が舞台の物語。ツアーガイドのアルバイトをしているプレイボーイの大輔(山田孝之)と、事故の後遺症で記憶が一晩でリセットされてしまう瑠依(長澤まさみ)の恋模様を描いたラブストーリーだ。

実はそれぞれ『世界の中心で、愛をさけぶ』の映画版とテレビ版に出演し、「セカチュー」ブームを巻き起こしたという縁がある長澤と山田。本格的な共演は2007年の『そのときは彼によろしく』以来、約10年ぶりのことだ。しかし本作が久しぶりの共演とは思えないほど、互いに息の合った演技を披露している。

脚本・監督は福田雄一。「勇者ヨシヒコ」シリーズや実写版の映画『銀魂』などコメディ作品のイメージが強い福田が、初めて純愛映画に正面から取り組んだ意欲作でもある。長澤は『銀魂』で福田作品に出演しており、再び一緒に仕事ができることは「願ったり叶ったり」だったとして、同作の見どころを次のように語っている。

「俳優として尊敬する山田さんと約10年ぶりに共演できたこともうれしかったのですが、何より完成した映像を観て、あの福田監督に泣かされたことにびっくりしました。こんなに笑って泣ける映画はないですし、きっと話題になる気がします。心から観てほしい作品です!」

ハワイ・オワフ島での1か月に及ぶオールロケで撮影された同作。大輔の親友を演じるムロツヨシや瑠依の父親の佐藤二朗といった福田作品の常連のほか、若手の太賀や山崎紘菜からベテランの大和田伸也まで豪華キャストが集結した『50回目のファーストキス』は、2018年6月1日(金)公開。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【「映画・演劇・ドラマ」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ