3月末の開館が延期となっていた
3月末の開館が延期となっていた
ゲーム・アニメ・コミック

「マンガの聖地」が甦る 『トキワ荘マンガミュージアム』の開館日が決定

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開館が延期となっていた『トキワ荘マンガミュージアム』(東京都豊島区)の開館日が決定。7月7日(火)に開館する。

トキワ荘マンガミュージアムは、日本のマンガ史に名を残す数々のマンガ家が集った伝説のアパート「トキワ荘」を再現したものだ。椎名町(現・南長崎)にあったトキワ荘では、手塚治虫、藤子不二雄(A)、藤子・F・不二雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫ら、錚々たるマンガ家が青春時代を過ごしたが、1982年に解体。ミュージアムは外観、内装とも、当時の様子を忠実に再現する。

館内は、1階が企画展示室とマンガラウンジ、2階は木造アパートのトキワ荘をリアルに体験できるスペースになっており、企画展示室ではマンガに関連した企画展示やイベントを実施。マンガラウンジでは、トキワ荘ゆかりのマンガ家のマンガや書籍を自由に読むことができる。2階では各マンガ家の部屋、共同炊事場、さらに便所まで再現。マンガ家になりきって写真を撮るコーナー、プロの描き方の紹介、トキワ荘の歴史やマンガ家の暮らしなど、様々な資料や展示を通じて、当時の様子を知ることができる。

開館記念企画展は「みんなのトキワ荘」と題し、トキワ荘再現部屋およびインタビュー映像に特別協力した4名(鈴木伸一、水野英子、よこたとくお、山内ジョージ)のマンガ家の作品資料を紹介。トキワ荘のマンガ家が立ち上げた「新漫画党」についての資料、さらに開館に際して寄せられたお祝いの色紙などが展示される。

トキワ荘マンガミュージアムは2020年7月7日(火)、東京都豊島区南長崎3-9-22(都営大江戸線「落合南長崎駅」徒歩5分、西武池袋線「東長崎駅」徒歩10分)に開館。開館時間は10:00~18:00。休館日は月曜(祝日の場合は翌平日)、その他年末年始、展示替え期間。入館料は無料(企画展は有料の場合あり)。感染拡大防止の為、入館には予約が必要。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【「ゲーム・アニメ・コミック」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル 最新号はこちら

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ