「みんな、それで大丈夫だよ。」

『講談社エッセイ賞』受賞作家、
こだまの最新作。
覆面作家のエッセイ集が9月2日発売!

スペシャル動画

  • 読者との距離感が心地良い作家第一位。
    読んでも読んでも疲れない。
    明日も読みたい。

    酒井若菜(女優、作家)

  • 書くことで救われたと言う
    こだまさんに、私たちは救われています。

    藤崎彩織(ミュージシャン、小説家)

集団お見合いを成功へと導いた父、
とあるオンラインゲームで「神」と崇められる夫、
小学生を出待ちしてお手玉を配る祖母……
“おしまいの地”で暮らす人達の、一生懸命だけど何かが可笑しい。
主婦であり、作家であるこだまの日々の生活と共に切り取ったエッセイ集。

17年に発表したデビュー作『夫のちんぽが入らない』は20万部を突破し、
翌年刊行した『ここは、おしまいの地』は
歴史ある文学賞のひとつ「講談社エッセイ賞」を受賞、
そして19年には『夫の?』がNetflixにてドラマ化(タナダユキ監督)され世界へ配信されるなど、
デビューから過ぎた怒涛の3年間。

そして2020年、
待望の新作として『いまだ、おしまいの地』が発売される。
作品が日本のみならず世界へと広がったにも関わらず、いまだおしまいの地で暮らし、
いまだ彼女が作家であることを家族は知らないまま。
ぜひ、こだまさんの秘密を共有するような気持ちでご一読ください。

本書について

Amazonで『いまだ、おしまいの地』を購入

『いまだ、
おしまいの地』

著: こだま
発売: 2020年9月2日(水)
仕様: 四六判、192ページ
ISBN: 978-4-7783-1722-5

単行本を購入 Amazon.co.jp 電子書籍を購入 Amazon.co.jp


収録話: プロローグ もっと悩め/面白くない人/先生と呼ばれる人たち/逃走する人/小さな教会/ちょうどよくなる/その辺に落ちている言葉/嘘つきの血/九月十三日/崖の上で踊る/錆び星/おそろい/メルヘンを追って/ネット大喜利という救い/猫がくれた石/転げ落ちた先も悪くない/探検は続く/郷愁の回収/珍しい苗字の男の子/エピローグ あなたは輝いている

お試し読み

『いまだ、おしまいの地』収録話より2作品をお読みいただけます。

NEW「先生と呼ばれる人たち」 Yondemill.jp NEW「崖の上で踊る」 Yondemill.jp

前作はこちら

Amazonで『いまだ、おしまいの地』を購入

『ここは、
おしまいの地』

第34回「講談社エッセイ賞」受賞作!
著: こだま
発売: 2018年1月25日(木)
仕様: 四六判、248ページ
ISBN: 978-4-7783-1612-9

単行本を購入 Amazon.co.jp 電子書籍を購入 Amazon.co.jp
『ここは、おしまいの地』特設サイト Ohtabooks.com

お知らせ

著者プロフィール


こだま

主婦。2017年、『夫のちんぽが入らない』でデビュー。翌年にはコミカライズ、19年にはNetflixにてドラマ化。2018年、エッセイ集『ここは、おしまいの地』で第34回講談社エッセイ賞を受賞。現在、『Quick Japan』にて連載中。

お問い合わせ

株式会社 太田出版

〒160-8571
東京都新宿区愛住町22 第3山田ビル4F

Tel: 03-3359-6262

Fax: 03-3359-0040

メディアのみなさまへ

こだまさんへの取材依頼などのお問い合わせは
担当編集・続木tsuzuki@ohtabooks.com)までご連絡ください。

書店員のみなさまへ

こだまさん著『ここは、おしまいの地』の販促用POPは、
下記よりPDFデータをダウンロードいただけます。
なお、追加注文はBOOKSインタラクティブまたはFAXで承ります。

  • ◆POP 反響続々ver.
    ダウンロード JPEGPDF
    ◆POP ダリさん「私は私のままでいい。」ver.
    ダウンロード JPEGPDF
    ◆POP かたつむりさん「やっぱりここが好き。」ver.
    ダウンロード JPEGPDF