現在のページ(パンくずリスト)
トップ > コミック > 書籍情報詳細

コミック

魔法なんて信じない。でも君は信じる。

価格

1200円+税

判型

A5

ページ数

160ページ

ISBNコード

9784778320942

搬入年月日
[?]

2009.10.29
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

デジタル版はこちら!

  • 魔法なんて信じない。でも君は信じる。 キンドル版を購入
  • 魔法なんて信じない。でも君は信じる。をhontoで購入
  • 魔法なんて信じない。でも君は信じる。YONDEMILLで購入

書籍の説明

描き下ろしマンガ原稿が、出版前に67ページまるまる紛失!! 

この史上最大規模の原稿紛失事件の当事者が、顛末そのものをマンガ化(ルビ・ドキュメント)!!!!!

さらに気鋭の批評家・大谷能生氏による論考も併せて、この事件から見えてきた「マンガ」というメディアの本質に迫る!!!!

●マンガはどのような要素によって描かれているのか?
●コピーされることによって広まる/力を得る作品の特徴
●20世紀のポピュラー文化の再考と、そのなかに位置づけられるものとしてのマンガ
●デジタル化の狭間にある手作業としての「マンガ原稿」と出版文化
●00年代以降の「子供文化」と、デジタルへの移行がもたらすものについて
●「何かがオリジナルである」ことのフレームの確認
●マンガのオリジナルである「マンガ原稿」の価値と位置づけ

≫メディア掲載情報の登録

著者プロフィール

西島大介(にしじま・だいすけ)

マンガ家。2004年に"ハヤカワSFシリーズJコレクション"から、書き下ろし長編コミック『凹村戦争』(早川書房)でデビュー。同作は第8回文化庁メディア芸術際審査員推薦作品となり、またこの年の星雲賞アート部門を受賞。2005年には同じく書き下ろしで『世界の終わりの魔法使い』(河出書房新社)を刊行、後にシリーズ化される。他作品に『アトモスフィア(1)(2)』(早川書房)、『恋におちた悪魔 世界の終わりの魔法使いII』(河出書房新社)、『土曜日の実験室 詩と批評とあと何か』(INFASパブリケーションズ)など。現在はマンガ誌に活動の場を移し、『ディエンビエンフー』を「月刊IKKI」(小学館)で、『 I Care Because You Do(アイ・ケア・ビコーズ・ユー・ドゥー)』を「モーニング・ツー」(講談社)で連載中。「マンガっち」としても活動し、数多くのエッセイ・コミックを連載。「DJまほうつかい」名義で音楽活動も行う。2009年より講談社BOXの企画『西島大介のひらめき☆マンガ学校』にてライター・さやわかとともに講師も務める。原稿紛失により発売が延期された待望の『影の子どもたち 世界の終わりの魔法使いⅢ』は、11月発売予定。


大谷能生(おおたに・よしお)

批評家、音楽家。96年~02年まで音楽批評誌「Espresso」を編集・執筆。様々な雑誌、webへの執筆・寄稿を行い日本のインディペンデントな音楽シーンに実践と批評の両面から深く関わる。2004年9月、菊地成孔との共著『憂鬱と官能を教えた学校 【バークリー・メソッド】によって俯瞰される20世紀商業音楽史』(河出書房新社刊)を上梓。2004、2005年と、同氏と共に東京大学教養学部にて講義を担当。『東京大学のアルバート・アイラー 歴史編』『同 キー ワード編』(菊地成孔・大谷能生/メディア総合研究所)として書籍化される。他著作に、『日本の電子音楽』(川崎弘二著 大谷能生協力/愛育社)、『200CDジャズ入門200音楽書シリーズ』(200CDジャズ入門編纂委員会編/学習研究社刊)、『貧しい音楽』(月曜社)、『M/D マイルス・デューイ・デイヴィスIII世研究』(エスクアイア マガジン ジャパン)、『散文世界の散漫な散策 二〇世紀の批評を読む』(メディア総合研究所)、『大谷能生のフランス革命』(以文社:門松宏明との共著)、『日本ジャズの誕生』(青土社:瀬川昌久との共著)、『持ってゆく歌 置いてゆく歌―不良たちの文学と音楽』(発行エスクァイア マガジン ジャパン、発売アクセスパブリッシング)、『アフロ・ディズニー エイゼンシュテインから「オタク=黒人」まで』(文藝春秋:菊地成孔との共著)等。

〈カテゴリー〉

〈関連作品〉

  • 世界の終わりのいずこねこ
    世界の終わりのいずこねこ
    西島大介
  • クイック・ジャパン vol.88
    クイック・ジャパン vol.88
    ウッチャンナンチャン 内村光良 出川哲朗 勝俣州和 千原ジュニア 南原清隆 爆笑問題 西島大介 鈴木おさむ 長尾謙一郎 高須光聖
  • クイック・ジャパン vol.86
    クイック・ジャパン vol.86
    やしきたかじん ウィスット・ポンニミット 上原ひろみ 伊集院光 小島慶子 川島海荷 森山未來 矢野顕子 空知英秋 西島大介 鈴木おさむ 長尾謙一郎
  • 本人 vol.10
    本人 vol.10
    やくしまるえつこ デヴィ・スカルノ 三宅恵介 中村うさぎ 佐内正史 北村道子 吉田豪 坂口恭平 堀江貴文 安永知澄 宮崎吐夢 忌野清志郎 松田洋子 河井克夫 西島大介

〈関連ページ〉