現在のページ(パンくずリスト)
トップ > ノンフィクション・人文 > 書籍情報詳細

ノンフィクション・人文

ゼロから始める都市型狩猟採集生活

価格

1200円+税

判型

四六

ISBNコード

9784778311759

搬入年月日
[?]

2010.8.04
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

電子版発売

2015.7.24-

編集部より

10月20日21:00よりTBSにて著者番組出演決定! その他パブリシティも続いております。

デジタル版はこちら!

  • ゼロから始める都市型狩猟採集生活 キンドル版を購入
  • ゼロから始める都市型狩猟採集生活をebookjapanで購入
  • ゼロから始める都市型狩猟採集生活をhontoで購入
  • ゼロから始める都市型狩猟採集生活をYONDEMILLで購入

書籍の説明

<都市の幸>で暮らす。
そのとききみは、政治、経済、労働、あらゆるものから解放され、きみ自身にしかできない生活を獲得するだろう。
「0円ハウス」で注目を集める著者による、都市で創造的に生きるための方法論!!


<本書に寄せられたコメント(※50音順)>

■東えりか(書評家)
「この世には宝のなる樹が生えている」
ある日、坂口恭平は気づいた。欲しいもののほとんどが、只で手に入る世界に自分は住んでいるのだと。欲しければ狩り、拾い、貰えばいい。みんなにそれを伝えたい。だから今、吟遊詩人のようなアジテーターとなる。彼の本は強烈なアジテーションなのだ。

■五所純子(文筆業)
「きみ」と呼びかけられて足を止め、雑草のような平易な文体に誘われたその先に、野蛮にして鷹揚とした都市が広がる。酒場でくだまくオヤジの過激思想かもしれないし、仙人が手ほどきする革命実践かもしれない。
『ゼロから始める都市型狩猟採集生活』は反乱書であり教育書であり手引書である。

■阪根正行(書店員・ジュンク堂書店新宿店)
この本を世界中の人びとが読んでいればサブプライムローン問題は起こらなかったであろう。というのは冗談だけど、「生活とは何か」をストレートに問うている本書は建築書コーナーだけではなく経済書コーナー で売ってもいいかもしれない。

■佐々木中(哲学者/理論宗教学者)
坂口恭平は天窓を開け放つ。僕たちはそのまばゆい野外の光のなかでしばし戸惑うことになる。そして不意に気づくのだ、自分たちが今までどんなに卑小で、どんなに惨めで、どんなに息苦しい常識や見栄や価値観に、人々が威圧的に「従うべき現実」と呼ぶものに縛られていたかということを。
彼からすれば、狭いダンボールの囲いのなかに棲まうことは都市の青空と大地のあいだすべてに棲まうことと同義なのだ。
これが真の「現実」である。夢想ではない。

■佐々木俊尚(ジャーナリスト)
ホームレスに学ぶ都市のサバイバル。
平凡な都市の光景が突然反転し、生命力あふれるジャングルに。
これこそが本当のノマド(遊牧民)ワークスタイルだ。

■杉田俊介(批評家/ケア労働者)
はいまわる赤ちゃんの目に大人たちの機能的な居住空間が無限の遊戯と危険と冒険の空間として出現するように、坂口氏の眼差しは、従来の「ホームレス文化=自己責任」論からもずれたところで、路上生活の驚くべき豊かさを見つめる、見つめさせられていく。
問われるのは僕らの眼差しの絶対的貧困なのだ。

■中沢新一(思想家/人類学者)
さまざまな領域でゼロをめざす運動が始まっている。利潤を殖やさないが豊かに生きるための経済のゼロ、膨れあがった人間中心主義を吹き飛ばしていくための幻想のゼロ。
坂口恭平は、始まったばかりのゼロ度を求める運動の、フライングすれすれの突出者だ。
清貧ではない。豊かに殖やしながら、同時に消滅していく。ゼロ度社会は来るべき一つの現実なのである。

■福岡伸一(分子生物学者/『生物と無生物のあいだ』著者)
「狩りと採集」の全く新しいかたち。
ライフスタイルとしての動的平衡が確かにここにはある。
あらためて、エコロジカルとは何か、都会人とは何かを考えさせられた。

■藤原徹平(建築家)
この本は、「建築の限界」を徹底的に挑発し、そして同時に「建築の可能性」を示すことに成功している。刺激的なレポートの行間に潜む、豊かさについての冷静な考察に、建築家以上の未来への熱い想いを見た。
現代都市の意味を問う必読の書になることは間違いない。

【電子書籍について】
弊社・太田出版から発売される電子書籍のリリース情報&フェア情報は、電子書籍専門サイトHongram[ホングラム]でチェックできます。

≫メディア掲載情報の登録

著者プロフィール

坂口恭平(さかぐち・きょうへい)
1978年熊本生まれ。建築家/作家。
早稲田大学理工学部建築学科卒業後、2004年に日本の路上生活者の住居を収めた写真集『0円ハウス』(リトルモア)を刊行。2006年カナダ、バンクーバー美術館にて初の個展、2007年にはケニアのナイロビで世界会議フォーラムに参加。2008年、隅田川に住む路上生活の達人・鈴木さんの生活を記録した『TOKYO 0円ハウス 0円生活』(大和書房刊)を刊行し、翌2009年には自身も実際に多摩川生活を経験する。
他の著作に『隅田川のエジソン』(青山出版社)、『TOKYO一坪遺産』(春秋社)などがある。

〈カテゴリー〉

〈関連作品〉

  • 本人 vol.10
    本人 vol.10
    やくしまるえつこ デヴィ・スカルノ 三宅恵介 中村うさぎ 佐内正史 北村道子 吉田豪 坂口恭平 堀江貴文 安永知澄 宮崎吐夢 忌野清志郎 松田洋子 河井克夫 西島大介

〈関連ページ〉