現在のページ(パンくずリスト)
トップ > ノンフィクション・人文 > 書籍情報詳細

ノンフィクション・人文

アインシュタインファイル――世界一有名な科学者を狙ったFBIの陰謀

藤井留美

『アインシュタインファイル――世界一有名な科学者を狙ったFBIの陰謀』 著:フレッド・ジェローム

価格

2000円+税

判型

四六判並製

ページ数

336ページ

ISBNコード

9784778312893

搬入年月日
[?]

2011.12.7
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

書籍の説明

J・エドガー・フーヴァーが率いるFBIは、アイシュタインを米国に対する脅威として長年にわたって監視していた! 権力を嫌い、左派的な発言を繰り返してきたことでソ連と通じていると思われていたのだ。アインシュタインの権力失墜をもくろむFBIは他の連邦機関と協力し、敵国のスパイである事実をつかもうと必死の調査を行なった。
1800ページに及ぶFBI極秘のファイルを徹底検証。アインシュタインの知られざる政治的側面に光を当て、FBIとの熾烈な暗闘を初めて明かす。

目次
第1部 アメリカのほんとうの顔
1「これは取り調べか?」
2 フラッシュバック
3 亡命者
4 原爆計画を阻止せよ

第2部 戦争の副産物
5 緊急委員会
6 リンチ撲滅アメリカ十字軍
7 アインシュタインを監視せよ
8 絶好のタイミング

第3部 連座で罪に問われる
9 リスト
10 デュボイスとロブソン
11 どこまで赤い?

第4部 アインシュタイン包囲作戦
12 きっかけはエレノアだった?
13 スパイ狩り――クラウス・フックス
14 風変わりな人々
15 スパイ狩り2――ケーブルドロップ作戦
16 好ましからざる外国人

第5部 終焉
17 逆転
18 崩壊
19 アインシュタインはほんとうにスパイではなかったのか?

≫メディア掲載情報の登録

著者プロフィール

フレッド・ジェロームFred Jerome
1960年代はじめからジャーナリストとして活躍、南部で公民権運動などを精力的に報道した。コロンビア大学、ニューヨーク大学などの大学で教鞭をとるかたわら、〈ニューズウィーク〉〈ニューヨークタイムズ〉などに記事を多数寄稿。シラキュース大学のニューハウス・スクール・オブ・コミュニケーションズが運営する遺伝子メディアフォーラムの上級コンサルタントも務めた。ジャーナリストと科学者の橋渡しを行なうメディア・リソース・センターの創設者でもある。著作に『アインシュタインとロブソン―人種差別に抗して』(ロジャー・テイラーとの共著)がある。

〈カテゴリー〉

〈関連作品〉

〈関連ページ〉