現在のページ(パンくずリスト)
トップ > サブカルチャー > 書籍情報詳細

サブカルチャー

キャラクターが好きすぎて生きるのが辛い。

『キャラクターが好きすぎて生きるのが辛い。』 著:松崎克俊(やさしい雨)

価格

1200円+税

判型

四六版

ページ数

224ページ

ISBNコード

9784778312985

搬入年月日
[?]

2012.3.15
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

編集部より

28歳童貞、嫁3人!! 二次元キャラクターしか愛せない史上最強のオタク芸人、ここに登場!!

デジタル版はこちら!

  • キャラクターが好きすぎて生きるのが辛い。 キンドル版を購入

書籍の説明

28歳童貞、嫁3人!!

二次元キャラクターしか愛せない!! と豪語する
史上最強のオタク芸人、やさしい雨・松崎克俊!!
そんな28歳童貞、脳内に3人の嫁を持つ松崎が
「二次元キャラクターしか愛せない理由」と
「自身の住む二次元ワールドの住人たち」を紹介、
「リア充」ならぬ「ニジ充」ライフを熱く提唱する一冊!!

第1章
僕が二次元キャラクターにハマる理由(わけ)

「二次元ならキャバ嬢も、内面も見せてくれます!
家庭の事情でお金が必要だとか、
将来進みたい道のために貯金しているとか、
中にはお姫様がお忍びでキャバクラで働いているとか」

「この世界では、みーんな僕のことが好きなんです!
今そうでなくても、やがて僕を好きになるんです!」

第2章
僕はここに住んでいます
松崎克俊の二次元ワールド

「僕には三人の嫁がいます!
嫁っていうのは、ありとあらゆる高いハードルを越えて
初めて選ばれる。それをクリアした三人は
全員殿堂入りみたいなものです!」

「僕の担任は『純情ロマンチカ』の宇佐美秋彦先生、
クラスメイトは初音ミクです!」

第3章
二次元キャラクターこだわりのポイント

「絶対に欠かせないイベント、それが嫁の誕生日!
僕は実際にケーキを買ってお祝いします!」

「これまでにはいなかった妹キャラの革命児!
『けいおん!』平沢憂の全肯定がすごいんです!」

第4章
二次元キャラクターちょっといい話

「一回は経験したほうがいい?
そんなこと言ったってダメなものはダメ!
僕は三次元童貞で生きていきます!」

「二次元だったら男でもOK!
二次元での性別は単なる記号なんです!」

最終章 3人嫁への手紙

≫メディア掲載情報の登録

著者プロフィール

お笑いコンビ「やさしい雨」のボケ担当。1983年福岡県出身。現在28歳童貞にして3人の嫁(『スクール・ランブル』沢近愛里、『つよきす』椰子なごみ、『アイドルマスター』三浦あずさ)を持つ。東京アナウンス学院の同級生である吉本純とコンビを結成、松崎のアニメ/漫画好きを生かした「オタクの兄と、兄を慕う弟」などのネタを得意とする。

〈カテゴリー〉

〈関連作品〉

〈関連ページ〉