現在のページ(パンくずリスト)
トップ > サブカルチャー > 書籍情報詳細

サブカルチャー

マンガと音楽の甘い関係

価格

1280円+税

判型

四六判

ページ数

272ページ

ISBNコード

9784778313524

搬入年月日
[?]

2013.1.08
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

デジタル版はこちら!

  • マンガと音楽の甘い関係 キンドル版を購入
  • マンガと音楽の甘い関係をhontoで購入
  • マンガと音楽の甘い関係YONDEMILLで購入

書籍の説明

★『ガラスの仮面』の姫川亜弓は、どうしていつも〈トロイメライ〉を聴くのか?
『ベルサイユのばら』の男装の麗人オスカルが好きなモーツァルトを、マリー・アントワネットが聴かないのはなぜ?
『SLAM DUNK』の流川楓のウォークマンの中身は何?

――答えはすべてこの中にあります。

★マンガと音楽をめぐる愛いっぱいのミステリーエッセイ!
音楽を奏でる王子様たち、優等生と不良が好む音楽の違い、恋人や友人と音楽をわかちあう名シーン、
画面に散りばめられた音符の装飾、ロマンチックな音楽用語のタイトル、
声に出して読みたくなる魅惑のルビ文化、作品から流れ出すBGM……
名作マンガに登場するさまざまな「音楽」描写の魅力を語り、真意を読み解きく刺激的なエッセイ集!

★勝田文、雲田はるこ、水城せとな、ヤマシタトモコ
豪華ロングインタビュー収録!

目次

序章  あらゆるマンガ家は音楽の状態に憧れる
    ――目に見えない音楽を、あえて描く3つの理由

第1章 ピアノの王子様 
――音楽を奏でること、キャラクターをあらわす音楽

第2章 音楽と恋とチーム男子  
    ――音楽を聴くこと、関係性をつなぐ音楽

第3章 アコガレ遺伝子 
    ――装飾的音楽描写と、小道具としての音楽

第4章 乙女心のインテリ欲
    ――「言葉」のフェティシズムと、舞台音楽

第5章 音楽(テンション)を描くひと
    ――BGM、サントラ、リリック、リフレイン

第6章 音楽の神が支配する
    ――音楽をビジュアルで表現するということ

著者プロフィール

高野麻衣(たかの・まい)
文筆業。上智大学文学部史学科卒。音楽雑誌の編集部を経てフリー。雑誌等への執筆や講演のほか、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭など各種イベントに携わる。マンガや宝塚歌劇にも関心が深く、カルチャー誌などでも活躍中。著書に『乙女のクラシック』(新人物往来社)、『フランス的クラシック生活』(ルネ・マルタンと共著、PHP新書)。
ブログ「乙女のクラシック」 http://d.hatena.ne.jp/otome_classic/
ブログ「花園magazine」 http://hanazonomagazine.wordpress.com/ 

〈関連作品〉

〈関連ページ〉

〈関連サイト〉