現在のページ(パンくずリスト)
トップ > ノンフィクション・人文 > 書籍情報詳細

ノンフィクション・人文

信長と弥助 本能寺を生き延びた黒人侍

不二淑子(訳)

価格

1800円+税

判型

四六判並製

ページ数

280ページ

ISBNコード

9784778315566

搬入年月日
[?]

2017.1.24
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

電子版発売

2017.2.24-

デジタル版はこちら!

  • 信長と弥助 本能寺を生き延びた黒人侍 キンドル版を購入

書籍の説明

織田信長が愛した黒人侍
その生涯の謎に挑む

1582年、本能寺。織田信長の側近のなかに、特異な容貌でひときわ眼を惹く男がいた。その男こそ、日本史上初とされる黒人侍、弥助だった。信長の切腹後、弥助は危険をかえりみず、嫡男の信忠のもとへと走る。彼を駆り立てたのは、自分を信頼し、侍へと取り立てた信長への忠義心だった……。

国内のみならず海外でも注目を集める異色の黒人侍、弥助。その知られざる生い立ちから来日いたる経緯、信長との出会いと寵愛、本能寺後の足取りまで、詳細に踏み込んだ歴史ノンフィクション。

【電子書籍について】
弊社・太田出版から発売される電子書籍のリリース情報&フェア情報は、電子書籍専門サイトHongram[ホングラム]でチェックできます。

目次

第一章 日本上陸と信長との謁見
第二章 弥助の経歴を紐解く
第三章 現代に伝わる弥助伝説
第四章 弥助が生きた時代
第五章 弥助はどこから来たのか
第六章 信長の死後の弥助
第七章 弥助の生涯を推測する
付録 第一章「日本上陸と信長との謁見」に関する補足資料
謝辞
著者あとがき
訳者あとがき
原注および参考文献
図版一覧

≫メディア掲載情報の登録

著者プロフィール

日本大学法学部専任講師。研究分野は言語学習。担当教科は歴史で、特に国際的視野に立った日本史を扱う。同時に日本やアジアの歴史に関する多くの研究も行なっており、弥助や、薩摩藩士からカリフォルニアに渡って「葡萄王」と呼ばれるようになった長澤鼎など日本の歴史上の人物についての論文も数多く発表している。本書『信長と弥助』は初の著作にあたる。イギリス出身、日本在住。