現在のページ(パンくずリスト)
トップ > ノンフィクション・人文 > 書籍情報詳細

ノンフィクション・人文

公開性の根源—秘密政治の系譜学

『公開性の根源—秘密政治の系譜学』 著:大竹弘二

価格

4600円+税

判型

四六判上製

ページ数

560ページ

ISBNコード

9784778316006

搬入年月日
[?]

2018.4.18
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

書籍の説明

公開された情報そのものの真偽がわからなくなり、「ポスト真実」に政治が翻弄される現代。近代政治の起源において隠されたものとは何か? 公開性とは何か? 近代国家、近代政治の起源にまで遡り、今日における政治危機の本質を解明する。

『本書の出発点となっているのは、例外状態が今日の政治のパラダイムになりつつあるという認識である。(中略)今日の政治は、執行が規範を踏み越える例外状態の常態化という観点から考察できるのではないか。そのような例外状態においては、「法の規範的側面は統治の暴力によってもののみごとに忘却され論駁されて」しまうのである。(中略)近代においては法や主権のような規範的審級によって政治の公開性が担保されてきたとするなら、例外状態はつねにその影として取り憑いてきた。その意味において、規範性を逃れるこの統治の位相は、近代的な公開性の政治にとって単に時間的な起源にあるのではなく、その「根源」にあるものと言えるかもしれない。』
(序論より)

目次

序論――前室の権力

第Ⅰ部 例外状態としての近代――秘密と陰謀の政治学
 第1章 主権 vs 統治
  1 民主主義と統治能力
  2 主権者の転落――カントロヴィッチとシェイクスピア
  3 二つの政治神学――シュミットに抗するカントロヴィッチ
  4 主権を超える統治
 第2章 政治における秘密
  1 現代の「アルカナ・インペリイ」
  2 神秘とアルカナ
  3 国家機械
  4 技術という起源からの近代国家の誕生
 第3章 陰謀、時間政治、コミュニケーションの秘密
  1 不可視の政治闘争
  2 タキトゥス主義とは何であったか――ローマの内戦と近代の内戦
  3 沈黙の統治技術、媒介者の暴力
 第4章 例外状態と国家理性
  1 主権なき行政執行
  2 「必要は法を持たない」
  3 国家理性の道徳的悲劇?
  4 近代国家の二つの身体 
 第5章 偽装と隠蔽のバロック
  1 賢人と大衆
  2 内戦時代の君主鑑――徳から叡智へ
  3 文明、礼儀、偽善
  4 大衆への恐怖
  5 秘密と公開の中間地帯

第Ⅱ部 主権者の憂鬱――代表的公共性の影と光
 第6章 情念を統治する
  1 近代の情動的人間
  2 情念コントロールの戦略(一)――新ストア主義
  3 情念コントロールの戦略(二)――「利益」の概念
  4 利益、理由、テクノロジー
 第7章 バロック主権者の悲劇
  1 殉教の政治神学――国王チャールズ一世の像
  2 救済なき主権者――グリュフィウスと「恒心」
  3 情念統治の失敗――ローエンシュタインと「叡智」
  4 転位する陰謀空間――宮廷抗争から警察活動へ
 第8章 バロック主権者の栄光
  1 アルカナを上演する――ノーデの「ク・デタ」
  2 「驚き」の劇場――悲劇からオペラへ
  3 正義と慈悲――法侵犯の輝き
  4 栄光の行方
 第9章 代表と民主主義
  1 代表の二義性
  2 死の劇場――栄光の身体とその終焉
  3 議会主義の美学――共和国の政治的身体

第Ⅲ部 社会国家とその不安――官僚と非行者
 第10章 書記の生、文書の世界
  1 文書化される国家
  2 法とアーカイヴ――書くことによる主体の誕生
  3 バートルビーとは何者か(一)――衡平と慈悲
  4 バートルビーとは何者か(二)――主権者とメシア
 第11章 フランツ・カフカ、生権力の実務家
  1 法から官僚制へ
  2 保険社会の誕生――機械技術時代における事故とリスク
  3 オーストリア社会国家と社会政策家カフカ
  4 法が失われた生のなかで――法律家とユダヤ人
 第12章 スパイ、ゲーム、秘密の戦争
  1 社会国家における不安――探偵の形象
  2 国家危機パラノイア――愛国者としてのスパイ
  3 植民地、官僚制、冒険者――キプリングの『少年キム』
  4 演技としての政治
  5 ゲームの終焉――T・E・ロレンスのジレンマ
  6 裏切りの国家――左派スパイ小説とその背景
  7 演技の潜勢力――ブレヒトの『処置』
 第13章 統治の彼方の政治
  1 弱い国家としてのファシズム?
  2 純粋手段の政治――無用なものの潜勢力
  3 事物としての生――非人間的なものの唯物論
  4 遊びのパフォーマティヴィティ――政治的なものの無目的性

補論――統治 vs ポピュリズム?

あとがき
人名索引

≫メディア掲載情報の登録

著者プロフィール

南山大学国際教養学部准教授。専門は現代ドイツ政治理論、政治思想史。主な著作に『正戦と内戦—カール・シュミットの国際秩序思想』(以文社、2009年)、『統治新論—民主主義のマネジメント』(國分功一郎との共著、太田出版、2015年)、訳書に『友愛と敵対―絶対的なものの政治学』(共訳、アレクサンダー・ガルシア・デュットマン著、月曜社、2002年)、『思惟の記憶―ハイデガーとアドルノについての試論』(アレクサンダー・ガルシア・デュットマン著、月曜社、2009年)、『真理と正当化—哲学論文集』(共訳、ユルゲン・ハーバーマス著、法政大学出版局、2016年)などがある。

〈カテゴリー〉

〈関連作品〉

  • atプラス27(リニューアル特大号)
    atプラス27(リニューアル特大号)
    ブレイディみかこ 北田暁大 大塚英志 大澤真幸 大竹弘二 山口智美 岡啓輔 星野博美 松本卓也 柄谷行人 栗原康
  • atプラス26
    atプラス26
    ブレイディみかこ 上野千鶴子 佐藤拓哉 北田暁大 大塚英志 大澤真幸 大澤聡 大竹弘二 山田憲史 柄谷行人 藤森照信 鈴木一誌
  • atプラス25
    atプラス25
    中谷礼仁 五十嵐太郎 六車由実 原武史 土居義岳 大澤真幸 大竹弘二 安藤礼二 市川紘司 松井茂 柄谷行人 横手義洋 磯崎新 鈴木一誌 鵜飼哲
  • atプラス24
    atプラス24
    いがらしみきお 中島岳志 中田考 亀井伸孝 佐藤優 原武史 國分功一郎 大澤真幸 大竹弘二 小泉義之 山崎亮 岩沢蘭 橋爪大三郎 鈴木一誌
  • atプラス23
    atプラス23
    いがらしみきお 中山智香子 井野朋也 大澤真幸 大竹弘二 山崎亮 岸政彦 柄谷行人 水野和夫 迫川尚子 鈴木一誌
  • 統治新論――民主主義のマネジメント
    統治新論――民主主義のマネジメント
    國分功一郎 大竹弘二
  • atプラス21
    atプラス21
    いがらしみきお 國分功一郎 大澤真幸 大竹弘二 小林節 山崎亮 岩野卓司 松本卓也 柄谷行人 橋爪大三郎 白井聡 辻信一 鈴木一誌
  • atプラス19
    atプラス19
    周防正行 國分功一郎 大澤真幸 大竹弘二 山崎亮 斎藤環 木村草太 松井茂記 松本卓也 海渡雄一 港千尋 鈴木一誌
  • atプラス18
    atプラス18
    大塚英志 大澤真幸 大竹弘二 安藤礼二 山崎亮 杉田敦 柄谷行人 田原牧 花房孟胤 西田正規 赤坂憲雄 鈴木一誌 高瀬幸途

〈関連ページ〉