日本初の重力体感型遊園地「そらすた」が有明に期間限定オープン
科学・歴史・学び

日本初の重力体感型遊園地「そらすた」が有明に期間限定オープン

7月14日(土)から9月2日(日)まで、東京・有明に期間限定の遊園地『有明そらスタジオ』(通称「そらすた」)がオープンしている。

「そらすた」は、建設用仮設資材のリース・レンタルを行う「日建リース工業」が開催する"日本初の重力体感アトラクションイベント"。専門教育を受けた運営スタッフのもと、本格的な登山で使用するような器具などを用い、日常では味わえないようなスリル感が味わえるアトラクションが用意されている。

場内には、鳥のようにワイヤーを滑車でスピード滑走する「ジップライン」、ビニール製の巨大風船に入って斜面を転がる「スペースバウンダー」、同じくビニール製の巨大風船に入って水上を転がる「ウォーターバウンダー」、命綱一本で地上11mから飛び降りる「ブレイブジャンプ」、さらに「ミラーハウス」「超難解3D迷路」「アニマルライド」「ウォールクライマー」など、多様なアトラクションを設置。場内にはバーベキュー広場も用意されており、家族やカップルで楽しめる施設になっている。

『有明そらスタジオ』は、2012年7月14日(土)~9月2日(日)まで、江東区有明2丁目特設会場(ゆりかもめ「有明テニスの森」駅徒歩6分)にて開催。会期中無休、開催時間は10:00~18:30となっている。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【「科学・歴史・学び」最新記事】

RECOMMEND
おすすめの記事

FAVORITE
人気の記事

MAGAZINE “KETTLE”
雑誌ケトル

INFORMATION
インフォメーション

SEARCH
サイト内検索

CATEGORY
カテゴリー

雑誌紹介

連載

ARCHIVE
日付別アーカイブ