現在のページ(パンくずリスト)
トップ > atプラス > 書籍情報詳細

atプラス(あっとぷらす)

季刊at(あっと)7号

オルター・トレード・ジャパンat編集室

『季刊at(あっと)7号』 著:上野千鶴子、佐藤優、宮崎学、柄谷行人

価格

950円+税

判型

A5変形判

ページ数

152ページ

ISBNコード

9784778310684

搬入年月日
[?]

2007.4.2
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

書籍の説明

7号は二つの特集があります。
その一は、二つの論文の小特集ですが、きわめて興味深いものです。題して「国家の組成とヤクザの仕組み」。起訴休職外務事務官の佐藤優さんの「標準的官僚のための国家論評釈」と宮崎学さんの「どこから出発し、どこに進めばいいのか」と題する山口組三代目田岡一雄組長の組織論です。

その二は、「苦い砂糖が生まれた理由」と題する大特集です。
大航海時代以来、植民地作物の代表的なものである砂糖の市場と生産の状況の過去・現在・未来を概括したものです。
・川北稔さんの「近代世界システムの中の砂糖」
・可能啓良さんの「世界の砂糖生産と貿易」
・大河原哲さんの「サカダ――フィリピン糖業の奥底から」
・堀芳枝さんの「フィリピン農地改革における<外部アクター>の役割
・北林寿信さんの「バイオエタノールは砂糖産業の救世主となるか
以上の内容の特集ですが、特に注目すべきは「サカダ」と呼ばれる出稼ぎの日雇い労働者の生活を描く現地報告「フィリピン糖業の奥底から」です。日給100ペソ(約240円)で働く砂糖園労働者の厳しい生活ぶりはそれなりに知られていましたが、さらにその下には日給50ペソで家族を支える多くの出稼ぎ労働者が分厚く存在することを克明に伝えて衝撃的です。フィリピンにおける砂糖生産の歴史は150年ほどになりますが、植民地経済そのものの現在形をサカダに見ることができます。小特集の宮崎学論文が神戸の港湾下層労働者とヤクザの関係を丹念に論じていますが、それと似て非なる下層極貧層の姿は、安直な南北連帯論や内発的発展論では対処不能であることを示しています。では、どうするのか? 苦い砂糖の特集をきっかけにして、漸進的議論が深まればと願っています。

その他、柄谷行人さんの<『世界共和国へ』に関するノート3 国家以前」や上野千鶴子さんの「ケアの社会学6 市民事業体と参加型福祉』などの好評連載、ドキュメンタリー映画『ディア・ピョンヤン』紹介など盛り沢山の内容です。

≫メディア掲載情報の登録

〈カテゴリー〉

〈関連作品〉

  • atプラス28 (岸政彦 編集協力)
    atプラス28 (岸政彦 編集協力)
    上間陽子 大澤真幸 大澤聡 山北輝裕 岸政彦 川端浩平 朴沙羅 柄谷行人 石岡丈昇 砂川秀樹 齋藤直子
  • atプラス27(リニューアル特大号)
    atプラス27(リニューアル特大号)
    ブレイディみかこ 北田暁大 大塚英志 大澤真幸 大竹弘二 山口智美 岡啓輔 星野博美 松本卓也 柄谷行人 栗原康
  • atプラス26
    atプラス26
    ブレイディみかこ 上野千鶴子 佐藤拓哉 北田暁大 大塚英志 大澤真幸 大澤聡 大竹弘二 山田憲史 柄谷行人 藤森照信 鈴木一誌
  • atプラス25
    atプラス25
    中谷礼仁 五十嵐太郎 六車由実 原武史 土居義岳 大澤真幸 大竹弘二 安藤礼二 市川紘司 松井茂 柄谷行人 横手義洋 磯崎新 鈴木一誌 鵜飼哲
  • atプラス24
    atプラス24
    いがらしみきお 中島岳志 中田考 亀井伸孝 佐藤優 原武史 國分功一郎 大澤真幸 大竹弘二 小泉義之 山崎亮 岩沢蘭 橋爪大三郎 鈴木一誌
  • atプラス23
    atプラス23
    いがらしみきお 中山智香子 井野朋也 大澤真幸 大竹弘二 山崎亮 岸政彦 柄谷行人 水野和夫 迫川尚子 鈴木一誌
  • atプラス21
    atプラス21
    いがらしみきお 國分功一郎 大澤真幸 大竹弘二 小林節 山崎亮 岩野卓司 松本卓也 柄谷行人 橋爪大三郎 白井聡 辻信一 鈴木一誌
  • atプラス18
    atプラス18
    大塚英志 大澤真幸 大竹弘二 安藤礼二 山崎亮 杉田敦 柄谷行人 田原牧 花房孟胤 西田正規 赤坂憲雄 鈴木一誌 高瀬幸途
  • atプラス15
    atプラス15
    中島隆博 國分功一郎 大塚英志 大澤真幸 大竹弘二 斎藤環 柄谷行人 橋爪紳也 納富信留 菅原和孝 鈴木一誌 高橋卓志
  • atプラス14
    atプラス14
    上野千鶴子 丸川哲史 保坂展人 千住淳 大澤真幸 大竹弘二 小熊英二 山崎章郎 朴裕河 森達也 湯浅誠 福岡伸一 鈴木一誌

〈関連ページ〉