現在のページ(パンくずリスト)
トップ > atプラス > 書籍情報詳細

atプラス(あっとぷらす)

季刊at(あっと)8号

オルター・トレード・ジャパンat編集室

『季刊at(あっと)8号』 著:上野千鶴子、柄谷行人、池上甲一、辻村英之

価格

950円+税

判型

A5変形

ページ数

160ページ

ISBNコード

9784778310837

搬入年月日
[?]

2007.6.28
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

書籍の説明

・ 8号は総力を上げた<フェアトレードの現在>特集です。
第二次大戦後、数世紀来の植民地本国であった欧米諸国で、フェアな南北貿易(トレード)を実行する運動が生まれました。日本でも20年ほど前に誕生し、フェアトレード=オルタナティブトレードが近年活況の兆しを見せ始めています。アンフェアは現実が続くかぎり、南北格差解消の理念を現実化しようとする動きは途絶えることはありません。南北の人々の連帯活動報告とその理論を掲載してきた本誌は、公共的議論の素材として利用されることを念願しつつ、雑誌としては類例のない規模でフェアトレードの現在を特集します。
主要な論者は次の通りです。

・ 池上甲一  「フェアトレードのジレンマとその克服」
  辻村英之  「コーヒー危機とフェアトレード」
  鈴木 紀  「フェアトレードの分類と課題」
  近藤康男  「ATJと民衆交易の試行錯誤」
  兵藤亜砂  「<認証基準>への上乗せによる第三の道」
  内田陽子  「FTSNの歴史・現状・課題」
  中村陽一  「市民的公共圏を基盤とした社会への貢献」
  宇田川妙子 「<市民社会>の領域からみたフェアトレード」
 
その他、グローバルビレッジや第3世界ショップなどのフェアトレード団体の紹介など、盛り沢山の内容です。フェアトレードに関心のある方、すでに関わっていらっしゃる方々だけではなく、環境問題や市民運動・消費者運動に関心のある人たちに有益な情報・理論が溢れています。どうぞお手にとってお読み願います。

・ 連載陣はこれまでと同じ執筆者です。多方面で論議を呼んでいる柄谷行人さんの「『世界共和国へ』に関するノート(4) 国家の起源」、いよいよ佳境に入った上野千鶴子さんの「ケアの社会学 第7章生協福祉の展開」、鈴木一誌さんの「ドキュメンタリーの視覚2」。
とくに柄谷さんの<国家の起源>はマルクスの価値形態論と同型の論理を国家の起源解明に適用した画期的な議論です。ご注目願います。

≫メディア掲載情報の登録

〈カテゴリー〉

〈関連作品〉

  • atプラス28 (岸政彦 編集協力)
    atプラス28 (岸政彦 編集協力)
    上間陽子 大澤真幸 大澤聡 山北輝裕 岸政彦 川端浩平 朴沙羅 柄谷行人 石岡丈昇 砂川秀樹 齋藤直子
  • atプラス27(リニューアル特大号)
    atプラス27(リニューアル特大号)
    ブレイディみかこ 北田暁大 大塚英志 大澤真幸 大竹弘二 山口智美 岡啓輔 星野博美 松本卓也 柄谷行人 栗原康
  • atプラス26
    atプラス26
    ブレイディみかこ 上野千鶴子 佐藤拓哉 北田暁大 大塚英志 大澤真幸 大澤聡 大竹弘二 山田憲史 柄谷行人 藤森照信 鈴木一誌
  • atプラス25
    atプラス25
    中谷礼仁 五十嵐太郎 六車由実 原武史 土居義岳 大澤真幸 大竹弘二 安藤礼二 市川紘司 松井茂 柄谷行人 横手義洋 磯崎新 鈴木一誌 鵜飼哲
  • atプラス23
    atプラス23
    いがらしみきお 中山智香子 井野朋也 大澤真幸 大竹弘二 山崎亮 岸政彦 柄谷行人 水野和夫 迫川尚子 鈴木一誌
  • atプラス21
    atプラス21
    いがらしみきお 國分功一郎 大澤真幸 大竹弘二 小林節 山崎亮 岩野卓司 松本卓也 柄谷行人 橋爪大三郎 白井聡 辻信一 鈴木一誌
  • atプラス18
    atプラス18
    大塚英志 大澤真幸 大竹弘二 安藤礼二 山崎亮 杉田敦 柄谷行人 田原牧 花房孟胤 西田正規 赤坂憲雄 鈴木一誌 高瀬幸途
  • 農業を買い支える仕組み フェア・トレードと産消提携
    農業を買い支える仕組み フェア・トレードと産消提携
    辻村英之
  • atプラス15
    atプラス15
    中島隆博 國分功一郎 大塚英志 大澤真幸 大竹弘二 斎藤環 柄谷行人 橋爪紳也 納富信留 菅原和孝 鈴木一誌 高橋卓志
  • atプラス14
    atプラス14
    上野千鶴子 丸川哲史 保坂展人 千住淳 大澤真幸 大竹弘二 小熊英二 山崎章郎 朴裕河 森達也 湯浅誠 福岡伸一 鈴木一誌

〈関連ページ〉