現在のページ(パンくずリスト)
トップ > atプラス > 書籍情報詳細

atプラス(あっとぷらす)

atプラス01

atプラス編集部

価格

1400円+税

判型

A5判変型

ページ数

160ページ

ISBNコード

9784778311834

搬入年月日
[?]

2009.8.04
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

電子版発売

2014.5.30-

編集部より

【特集】資本主義の限界と経済学の限界

デジタル版はこちら!

  • atプラス01 キンドル版を購入
  • atプラス01をBookWalkerで購入
  • atプラス01をebookjapanで購入
  • atプラス01をhontoで購入
  • atプラス01YONDEMILLで購入
  • atプラス01をZASSHI-ONLINEで購入
  • atプラス01をZINIOで購入

書籍の説明

◆お知らせ
2009年8月5日、太田出版より「思想と活動」をテーマにした雑誌『atプラス』が創刊されます。
事象を原理的思考と歴史性から読み解く「思想」と、多様な人びとの協同から生み出される「活動」に焦点をあてます。皮相的な分析とは一線を画し、「モノゴトを根本的にとらえなおす」ことを基本に若い書き手を加え、活発に問題提起を行っていきます。


◆創刊の経緯
太田出版では『atプラス』に先立って、『at』を発売していました。
『at』はオルター・トレード・ジャパンが発行体となり太田出版が発売を担当してきたものですが、その契約が終了するに伴い、太田出版が新しく発行元となり内容も一新、新創刊として『atプラス』を出版することになりました。

◆『atプラス 01』目次
【特集 資本主義の限界と経済学の限界】
○第2次世界大戦以降初めて、今年の世界経済は成長率がマイナスを記録することが確実視されている。昨年9月のリーマンショックで世界金融が凍りつき、各国政府はかつてない財政金融政策によって企業救済の資金供給をおこない、経済のフリーフォール(自由落下)に歯止めがかかったとの見方もある。しかし、先進諸国の失業率はこの先増大が見込まれ、労働者の平均所得も減少傾向を脱せないだろう。世界経済の縮小は今年だけで済むのだろうか。
○世界史上初めて11年間を越えて利子率が実質ゼロ水準を続ける日本では、ドイツと並んで来年の経済成長率もゼロ以下になるのではと危惧されている。すでに1000兆円近い負債を抱える日本国家の姿は、膨大な国債増発に追われるアメリカやヨーロッパ諸国の未来を先取りしている
かのようである。自由・効率・成長を旗印にした資本主義は、いまや国家の懐に入り、新たな共棲の関係を構築しつつ延命をはかっているのではないだろうか。
○大恐慌期を目の当たりにしてJ・M・ケインズは、利子生活者階級と資本主義の安楽死をモチーフのひとつとして『一般理論』を構想した。歴史の教えるところは、国家群による世界戦争が危機の脱出口であった。1京円以上と見積もられる世界の金融資産は、利潤増大を目指して各種のバブルを作り続けるだろう。資本主義に自然死はない。では私たちにどんな選択肢があるのだろうか。そのためには、まずは資本主義の限界と経済学の限界のクリティカルな吟味から始めたい。特集を企画した所以である。


掲載論文は以下の通りです。
・資本主義の「不都合な真実」/岩井克人
・ケインズの予言と利子率革命/水野和夫
・100年に一度や二度は起きても不思議はない普通の「危機」についての、ひどく常識的な結論/稲葉振一郎
・政策技術学としての経済学を求めて/権丈善一
・我は如何にして活動家となりし乎/湯浅誠
・反資本主義のエナルゲイア/白石嘉治


【コラム】
・フェア・トレード研究における制度派経済学の役割/辻村英之
・西行と往生=断食死/山折哲雄


【連載】
・<活動>へのアート「マイケルとマルクス」/岡崎乾二郎
・ケアの社会学 「次世代福祉社会の構想」/上野千鶴子
・『世界共和国へ』に関するノート 「権力論(承前)」/柄谷行人
・生活クラブと私の魂胆 「六八年革命の流れに掉さして」/岩根邦雄
・ポストオリエント 「平滑空間」と「長期持続」のあいだ/山下範久
・デザイン覚書 「階層のインターフェース」/鈴木一誌

【電子書籍について】
弊社・太田出版から発売される電子書籍のリリース情報&フェア情報は、電子書籍専門サイトHongram[ホングラム]でチェックできます。

≫メディア掲載情報の登録

〈関連作品〉

  • atプラス29
    atプラス29
    ブレイディみかこ 上間陽子 中村隆文 坪内祐三 大澤真幸 大西連 安藤礼二 打越正行 水野和夫 相馬直子
  • 国貧論
    国貧論
    水野和夫
  • atプラス28 (岸政彦 編集協力)
    atプラス28 (岸政彦 編集協力)
    上間陽子 大澤真幸 大澤聡 山北輝裕 岸政彦 川端浩平 朴沙羅 柄谷行人 石岡丈昇 砂川秀樹 齋藤直子
  • atプラス27(リニューアル特大号)
    atプラス27(リニューアル特大号)
    ブレイディみかこ 北田暁大 大塚英志 大澤真幸 大竹弘二 山口智美 岡啓輔 星野博美 松本卓也 柄谷行人 栗原康
  • atプラス26
    atプラス26
    ブレイディみかこ 上野千鶴子 佐藤拓哉 北田暁大 大塚英志 大澤真幸 大澤聡 大竹弘二 山田憲史 柄谷行人 藤森照信 鈴木一誌
  • atプラス25
    atプラス25
    中谷礼仁 五十嵐太郎 六車由実 原武史 土居義岳 大澤真幸 大竹弘二 安藤礼二 市川紘司 松井茂 柄谷行人 横手義洋 磯崎新 鈴木一誌 鵜飼哲
  • atプラス23
    atプラス23
    いがらしみきお 中山智香子 井野朋也 大澤真幸 大竹弘二 山崎亮 岸政彦 柄谷行人 水野和夫 迫川尚子 鈴木一誌
  • atプラス21
    atプラス21
    いがらしみきお 國分功一郎 大澤真幸 大竹弘二 小林節 山崎亮 岩野卓司 松本卓也 柄谷行人 橋爪大三郎 白井聡 辻信一 鈴木一誌
  • atプラス18
    atプラス18
    大塚英志 大澤真幸 大竹弘二 安藤礼二 山崎亮 杉田敦 柄谷行人 田原牧 花房孟胤 西田正規 赤坂憲雄 鈴木一誌 高瀬幸途
  • atプラス16
    atプラス16
    中沢新一 國分功一郎 大澤真幸 大竹弘二 孫崎享 宮台真司 山形浩生 水口和恵 水野和夫 田原牧 白井聡 笠井潔 絓秀実 鈴木一誌

〈関連ページ〉

〈関連サイト〉