現在のページ(パンくずリスト)
トップ > サブカルチャー > 書籍情報詳細

サブカルチャー

超エロゲー ハードコア

片倉すみれ(表紙)

価格

1480円+税

判型

四六変形

ページ数

272ページ

ISBNコード

9784778313364

搬入年月日
[?]

2012.10.25
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

電子版発売

2014.4.18-

デジタル版はこちら!

  • 超エロゲー ハードコア キンドル版を購入
  • 超エロゲー ハードコアをhontoで購入
  • 超エロゲー ハードコアYONDEMILLで購入

書籍の説明

かつて「エロゲー」は楽園だった!!

あの"クソゲーハンター"がハードコアに一皮むけて
"エロゲーハンター"にトランスフォーム!!
爛熟のゼロ年代リリースから最新作まで、
エロゲーの名作・怪作・奇作を徹底レビュー!!

さらにニトロプラス・虚淵玄、『School Days』のメイザーズぬまきち、
元『カラフルピュアガール』編集長・加野瀬未友を独占ロングインタビュー!!
そして明らかになる、禁断のエロゲー裏の歴史とは......?
全原稿書き下ろし『超クソゲー』シリーズ最新刊、ここに登場!!

表紙は話題の美少女絵師・片倉すみれ、描き下ろしイラスト!!

【ロングインタビュー】

「Phantomは、今にして思えばムチャな企画だったと思いますね。
赤字が出ないだけでも意外だったんです。
5000本の段階で、みんなでバンザイしてましたから」

「ネットでの話は、かなり捏造が入ってますね。
『Fate/Zero』では一シーン分を書き上げては渡す、
というキャッチボールを奈須さんとやってましたね」

「エロゲーは気付かれなかったからこその楽園だった気はするんです。
本当に、殺される勇気がある有志だけが、
自腹を切って作り続けるんじゃないかと思って」
――(虚淵玄/20,000字ロングインタビューより)


「『School Days』は、どうしてもやりたいと思ってました。
どこかが作る前に長いアニメを盛り込んだゲームを作りたかったんですね」

「テレビ版の最終回が放送される日の夕方、
プロデューサーの伊藤誠さんから電話が来て
『放送がなくなりました』『......エッ?』って」

「ソフ倫で2ちゃんねるのログを読み上げられるのが本当にイヤで。
『ここに書いてあることは本当ですか?』『ウソです』って」
――(メイザーズぬまきち/『School Days』を創った男より)


「普通の家庭用ゲーム雑誌で勝負するのは規模しいから
ウチはエロゲー雑誌を作ろう、と。それで当時、
社内で一番オタク関係に詳しかった自分にお鉢が回ってきたんです」

「ビジュアルシンジケートは利権だっていう構図は、
すごくわかりやすいんです。でも、あくまでも歴史の一面ですよ
って言いたくなる気持ちもありますけどね」

「いろんなものがデジタル化したことで、
個人の熱意を即作品に反映させやすかったのが、
当時のエロゲーシーンだったと思うんですよ」
――(加野瀬未友/『ピュアガール』はオタク業界の黒幕だった!?より)


【掲載ラインナップ】

❤愛と感動のヒューマンドラマ、そして若〇ボイスの破壊力!――『車輪の国、向日葵の少女』
❤おしりに突っ込んだアレがデカすぎて大爆発!――『ゴア・スクリーミング・ショウ』
❤「陣痛イイ!」でオールドファンが大炎上!――『ヴァリスX』
❤三国志武将たちは女の子だった!――『恋姫†無双~ドキッ☆乙女だらけの三国志演義~』
❤あなたって、本当に最低の屑だわ!――『姫騎士アンジェリカ』
❤パロディ以外が見当たらない!――『遊撃戦艦パトベセル』
❤さわやかな青春バンドゲーと思いきや実は「寝込み」ゲー!――『キラ☆キラ』
❤幻のPCエンジン版設定をエロゲーで回収!――『魔法の少女シルキーリップ 三人の女王候補』
❤美少女ゲームでも男マシマシ!――『リトルバスターズ!エクスタシー』
❤声優本人にパロディネタを演じさせる勇気!――『真剣で私に恋しなさい!』
❤ドジっ娘が「いえす、うぃー、きゃむ!」――『幼なじみは大統領』

❤WEBカメラと2つのマウス、5つのUSBを駆使してスカートの中をのぞき見!――『リアル彼女』
❤玄関前から即エロシーン!――『姉です。~姉死覚悟の「弟しぼり」な夏が来る!~』
❤美少女とバトリたい!――『最強御主人様!』
❤変態校則決定システム!――『狂った教頭No.2~この支配からの卒業~』
❤身長162センチ、体重103キロのヒロイン!――『デブプラス』
❤セックス中にロケットランチャーをブッ放される!――『らぶデス555!』
❤ラノベ風バトルをプレイアブルなシステムとして昇華!――『あかときっ!』
❤舟底一枚下は地獄!――『グリザイアの果実』
❤ブチ切れヒロインたちの史上最凶のデスマッチ!――『修羅恋』
❤誰からも知覚されなくなった少年!――『規制不可~俺は実在しないので、ナニをヤッても許される~』
❤ビッチ委員長!――『びっちんちょ~当クラスのおち×ぽはワタクシこと委員長が一括管理いたします~』
❤「男は皆殺しじゃー!」のあの人まで登場!――『大帝国』

❤これぞ本当の人間椅子!――『へんし~ん!!!~パンツになってクンクンペロペロ~』
❤らくらくでない「らくらくモード」!――『変態勇者の中出し英雄記』
❤こいつはドえろいアドベンチャー!――『STARLESS 21st Century nymphomaniacs.』
❤男と男はムリでも、男と男の娘はHできます!――『女装山脈』
❤大断絶時代を生き延びた男はしぶといぜ!――『ランス・クエスト』
❤我々に必要なのは執事!――『裸執事』
❤ケンタウルスにパンツを穿かせてファック!――『プリンセスX』
❤本当の意味での「バリアフリー」は絶賛無料公開中!――『かたわ少女』
❤幼女を盾にするヒモ鬼畜!――『それゆけ!ぶるにゃんマン HARDCORE!!!』
❤8年越しの大復活!――『Theガッツ! マキシマム・マタニティ!』


【特別企画】

エロゲーハンター、秋葉原へ再び!
特別ゲスト:OVERDRIVE・竹内"bamboo"博、片倉真二、片倉すみれ

第一部 秋葉原電気街

第二部 和Dining灯 秋葉原店

「大事なのは体験なんですよ。
僕の場合だと、ライブでゲームを再現しようってことで
2000人近く集まってくれる。そのときのお客さんの顔は、
やっぱり、このためにやってたんだと思うよね」(竹内"bamboo"博)

「みんなが20時間とか30時間とか1日2日で終わるものを、
僕らは1年かけて作ってる。臭い匂いを垂らしながら、会社で寝てる奴もいる。
でも、面白いと思ってくれるものを作るためには真剣になるし、
それは、どのメーカーさんも同じなんですよ」(片倉真二)

【電子書籍について】
弊社・太田出版から発売される電子書籍のリリース情報&フェア情報は、電子書籍専門サイトHongram[ホングラム]でチェックできます。

≫メディア掲載情報の登録

〈関連作品〉

〈関連ページ〉

〈関連サイト〉