現在のページ(パンくずリスト)
トップ > ノンフィクション・人文 > 書籍情報詳細

ノンフィクション・人文

アートの入り口 美しいもの、世界の歩き方[アメリカ編]

価格

1800円+税

判型

四六判

ページ数

368ページ

ISBNコード

9784778314941

搬入年月日
[?]

2016.2.15
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

書籍の説明

毎朝流れてくるラジオのような、
気持ちのいいエッセイ集。

ありそうでなかった!
アメリカの時代だった[二〇世紀アート]がぐんぐんわかる。

絵画も写真も映画も音楽も、数多くの著名なアーティストたちと交流してきた著者と散歩するアートの世界。

アンディ・ウォーホル、パティ・スミス、ウィリアム・クライン、ジャクソン・ポロック、ヴィヴィアン・マイヤー……「私のお気に入り」!


[本文より一部抜粋]
『Strange Messenger(奇妙な使者)』と題された展示会場に足を踏み入れるなり、それは、震えるほど感動しましたね。だって、パティの歌声がその絵から聞こえてきたわけですから。そして、その熱が冷めやらぬままニューヨークに戻り、すぐに彼女にコンタクトして「ぜひ、東京で展覧会をやりたいんです」と直訴しました。もじもじと少し恥ずかしそうに「あのね、あたし、実は写真も撮ってるのよ」といわれ、そのまま「ちょっとついてきて」と彼女の家の通りをはさんだところにあったストアフロントのスタジオで、箱いっぱいのポラロイド判型のモノクロ写真を見せられたのです。

目次

第1章 ニューヨーク、ニューヨーク
第2章 静かに消えゆくストアフロント
第3章 ニューヨーク・スクールの始まり
第4章 WEST COAST ART & NEW YORK ART
第5章 パーソナルな視点を持った写真家たち

メディア掲載情報

≫メディア掲載情報の登録

著者プロフィール

1960年生まれ。高校卒業後サンフランシスコのアートカレッジへ留学。卒業後、ニューヨークに拠点を移し、現代アートや写真のキュレーションや写真集の編集を数多く手がける。2011年に帰国、同年4月より株式会社アマナが創設したフォトコレクションのチーフディレクターに就任し、日本人作家に限定した550点にも及ぶ写真作品を収集。90年代後半より現在まで、アートや写真に関する執筆活動も行ない、Facebookでアートにまつわるエッセイを日々発信中。