現在のページ(パンくずリスト)
トップ > atプラス > atプラス叢書 > 書籍情報詳細

atプラス(あっとぷらす)

国貧論

価格

1400円+税

判型

四六

ページ数

224ページ

ISBNコード

9784778315313

搬入年月日
[?]

2016.7.19
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

電子版発売

2016.11.04-

デジタル版はこちら!

  • 国貧論 キンドル版を購入
  • 国貧論をBookWalkerで購入
  • 国貧論をebookjapanで購入
  • 国貧論をhontoで購入
  • 国貧論YONDEMILLで購入

書籍の説明

アベノミクスもマイナス金利も8割の民をしくする資本主義である

水野和夫が解き明かす21世紀の経済論!


第一章 国貧論

国民の「貧」の原因と性質の研究

マイナス金利の真実

株式会社は時代遅れ

日本の貧困――年収200万円以下が24%3割は金融資産が全くない


第二章 資本主義の黄昏

資本主義の黄昏1 アベノミクスの終焉

資本主義の黄昏2 中国バブル崩壊の日

資本主義の黄昏3 「ゼロ成長社会」への道筋

資本主義の黄昏4 「近代の秋」への発想の転換

資本主義の黄昏5 皇帝なき「閉じた」帝国の時代

原油価格1バレル=30ドル割れの教え

東大物価指数とはなにか

人口問題とイノベーション


第三章 21世紀の資本論

日本の「21世紀の資本」論――資本主義と民主主義のたたかい

「近代社会」のあらゆる前提が崩壊するなかで

【電子書籍について】
弊社・太田出版から発売される電子書籍のリリース情報&フェア情報は、電子書籍専門サイトHongram[ホングラム]でチェックできます。

メディア掲載情報

  • 2016.11.06 『国貧論』
    新聞 岐阜新聞 - 書評

    書評掲載

  • 2016.09.26 『国貧論』
    雑誌 週刊東洋経済 10月1日号(この掲載誌を購入) - 書評

    わからないことだらけの悲憤慷慨の書

  • 2016.09.18 『国貧論』
    新聞 信濃毎日新聞、山陽新聞ほか - 書評/大澤真幸

    資本主義の「終焉」を語る論集

≫メディア掲載情報の登録

著者プロフィール

1953年生まれ。法政大学法学部教授。元三菱UFJモルガン・スタンレー証券チーフエコノミスト。早稲田大学大学院修士課程経済研究科修了。著作に『100年デフレ』『終わりなき危機 君はグローバリゼーションの真実を見たか』(いずれも日本経済新聞社)『世界経済の大潮流 経済学の常識をくつがえす資本主義の大転換』(太田出版)『資本主義の終焉と歴史の危機』(集英社新書)など多数。

〈関連作品〉

  • atプラス29
    atプラス29
    ブレイディみかこ 上間陽子 中村隆文 坪内祐三 大澤真幸 大西連 安藤礼二 打越正行 水野和夫 相馬直子
  • atプラス23
    atプラス23
    いがらしみきお 中山智香子 井野朋也 大澤真幸 大竹弘二 山崎亮 岸政彦 柄谷行人 水野和夫 迫川尚子 鈴木一誌
  • atプラス16
    atプラス16
    中沢新一 國分功一郎 大澤真幸 大竹弘二 孫崎享 宮台真司 山形浩生 水口和恵 水野和夫 田原牧 白井聡 笠井潔 絓秀実 鈴木一誌
  • 世界経済の大潮流――経済学の常識をくつがえす資本主義の大転換
    世界経済の大潮流――経済学の常識をくつがえす資本主義の大転換
    水野和夫
  • atプラス11
    atプラス11
    中沢新一 丸川哲史 加藤好一 古市憲寿 國分功一郎 園良太 大塚英志 大澤真幸 大竹弘二 安冨歩 柄谷行人 橋爪大三郎 水野和夫 與那覇潤 鈴木一誌
  • atプラス05
    atプラス05
    上野千鶴子 大塚英志 宮台真司 山下範久 山折哲雄 岡﨑乾二郎 岩根邦雄 岸本幸子 広井良典 橋本努 水野和夫 濱野智史 鈴木一誌
  • atプラス01
    atプラス01
    上野千鶴子 岩井克人 柄谷行人 水野和夫 湯浅誠

〈関連ページ〉

〈関連サイト〉