現在のページ(パンくずリスト)
トップ > ノンフィクション・人文 > 書籍情報詳細

ノンフィクション・人文

THIS IS JAPAN 英国保育士が見た日本

価格

1500円+税

判型

四六判

ページ数

260ページ

ISBNコード

9784778315337

搬入年月日
[?]

2016.8.16
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

電子版発売

2016.9.23-

編集部より

本書特集ページにて、取材の様子や著名人コメントを公開中です!

デジタル版はこちら!

  • THIS IS JAPAN   英国保育士が見た日本 キンドル版を購入
  • THIS IS JAPAN   英国保育士が見た日本をBookWalkerで購入
  • THIS IS JAPAN   英国保育士が見た日本をebookjapanで購入
  • THIS IS JAPAN   英国保育士が見た日本をhontoで購入
  • THIS IS JAPAN   英国保育士が見た日本YONDEMILLで購入

書籍の説明

混迷する欧州の政治状況をYahoo!ニュースで伝えているブレイディみかこの日本取材記。

各氏絶賛!!

上野千鶴子氏(社会学者)――「日本人著者がイギリス労働者階級のめがねをかけて見た、日本の貧困、格差、子育て。たんなる比較文化論にとどまらない日英への愛憎アンビヴァレンスが読ませる。保守革命に先んじた英国での、ネオリベ対抗運動が参考になるかも。」

柏木ハルコ氏(漫画家)――「バケツの底が抜け、もうどこが「地べた」かよくわからないこの社会で、私たちがこの場所を少しでも生きやすくするために必要なものは何か――――労働、経済、保育、貧困、人権、ブレイディみかこさんの視点は日本の様々な現場を見つめ、草の根から社会を変えるために必要なものを模索していく。〔…〕もちろん簡単に結論が出るわけではない。しかし、そのためのヒントが随所に垣間見える。長い道のりだが、一緒に少しづつ歩いて行こうという、みかこさんの力強い意志が感じられた。」

栗原康氏(政治学者)――「ショッピングできなきゃ、ひとじゃない。カネがなければ、借りてでも買え。はたらけ、はたらけ、カネ返せ。貧乏人はひとでなし。それしか言わない日本社会。終わっている。本書で、ブレイディさんはすべての貧しい人たちに、とてもやさしくこう呼びかけている。てめえら、意地をみせろ。日本死ね。いい本だ!!」

二木信氏(音楽ライター)――「ブレイディさんは、間違いなく信頼できる“筋の通ったレフトの書き手”だ。彼女の活躍に、世の中捨てたもんじゃないと感じているのは僕だけじゃないでしょう」

松尾匡氏(経済学者)――「〔…〕本書からは、コービン=サンダース現象につながる素地が日本にも満ちていると感じる。「中道」に手を広げれば支持が広がるのか。著者は、経済を軽視する日本の左派の傾向を批判し、欧州の左翼は「政府は人民のために金を使え。メシ食わせろ」という庶民の叫びを政治に反映させようとすると強調する。参院選、東京都知事選と連敗した今こそ、本書に学ぶことは多いだろう。」

まえがき

1 列島の労働者たちよ、目覚めよ

キャバクラとネオリベ、そしてソウギ
何があっても、どんな目にあわされても「働け!」
労働する者のプライド
フェミニズムと労働
今とは違う道はある

2 経済にデモクラシーを

経済はダサくて汚いのか
貧乏人に守りたい平和なんてない
一億総中流という岩盤のイズム
草の根のアクティヴィストが育たない国
ミクロ(地べた)をマクロ(政治)に持ち込め
反緊縮派とはいったい何なのか
いま世界でもっともデモクラシーが必要なのは

3 保育園から反緊縮運動をはじめよう

保育士配置基準がヤバすぎる衝撃
紛れもない緊縮の光景
日本のアナキーは保育園に
ブレアの幼児教育改革は経済政策だった
保育園と労働運動は手に手を取って進む
ネオリベ保育とソーシャル保育
待機児童問題はたぶん英国でも始まる 

4 大空に浮かぶクラウド、地にしなるグラスルーツ

日本のデモを見に行く
交差点に降り立った伊藤野枝
でも・デモ・DEMO
クラウドとグラスルーツの概念
あうんストリートと山谷のカストロ
反貧困ネットワークへのくすぶり
新たなジェネレーションと国際連帯

5 貧困の時代とバケツの蓋

川崎の午後の風景
鵺の鳴く夜のアウトリーチ
人権はもっと野太い
あまりにも力なく折れていく
どん底の手前の人々
もっと楽になるための人権

エピローグ カトウさんの話

【電子書籍について】
弊社・太田出版から発売される電子書籍のリリース情報&フェア情報は、電子書籍専門サイトHongram[ホングラム]でチェックできます。

メディア掲載情報

≫メディア掲載情報の登録

著者プロフィール

1965年、福岡県福岡市生まれ。1996年から英国ブライトン在住。保育士、ライター。
著書に『花の命はノー・フューチャー』(碧天舎)、ele-king連載中の同名コラムから生まれた『アナキズム・イン・ザ・UK ――壊れた英国とパンク保育士奮闘記』(Pヴァイン)、『ザ・レフト─UK左翼セレブ列伝 』(Pヴァイン)、『ヨーロッパ・コーリング――地べたからのポリティカル・レポート』(岩波書店)がある。
The BradyBloghttp://blog.livedoor.jp/mikako0607jp/
Yahoo!ニュース個人 ブレイディみかこ http://bylines.news.yahoo.co.jp/bradymikako/

〈関連作品〉

  • atプラス29
    atプラス29
    ブレイディみかこ 上間陽子 中村隆文 坪内祐三 大澤真幸 大西連 安藤礼二 打越正行 水野和夫 相馬直子
  • atプラス27(リニューアル特大号)
    atプラス27(リニューアル特大号)
    ブレイディみかこ 北田暁大 大塚英志 大澤真幸 大竹弘二 山口智美 岡啓輔 星野博美 松本卓也 柄谷行人 栗原康
  • atプラス26
    atプラス26
    ブレイディみかこ 上野千鶴子 佐藤拓哉 北田暁大 大塚英志 大澤真幸 大澤聡 大竹弘二 山田憲史 柄谷行人 藤森照信 鈴木一誌

〈関連ページ〉

〈関連サイト〉