現在のページ(パンくずリスト)
トップ > atプラス > atプラス叢書 > 書籍情報詳細

atプラス(あっとぷらす)

裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち

岡本尚文(写真)

価格

1700円+税

判型

四六判仮フランス装

ページ数

264ページ

ISBNコード

9784778315603

搬入年月日
[?]

2017.1.31
※各書店・ネット書店により、購入可能となる日は異なります。

電子版発売

2017.2.17-

デジタル版はこちら!

  • 裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち キンドル版を購入
  • 裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たちをBookWalkerで購入
  • 裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たちをDMMで購入
  • 裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たちをebookjapanで購入
  • 裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たちをhontoで購入
  • 裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たちYONDEMILLで購入

書籍の説明

それは、「かわいそう」でも、「たくましい」でもない。この本に登場する女性たちは、それぞれの人生のなかの、わずかな、どうしようもない選択肢のなかから、必死で最善を選んでいる。それは私たち他人にとっては、不利な道を自分で選んでいるようにしか見えないかもしれない。
上間陽子は診断しない。ただ話を聞く。今度は、私たちが上間陽子の話を聞く番だ。この街の、この国の夜は、こんなに暗い。
――岸政彦(社会学者)

沖縄の女性たちが暴力を受け、そこから逃げて、自分の居場所をつくりあげていくまでの記録。

【電子書籍について】
弊社・太田出版から発売される電子書籍のリリース情報&フェア情報は、電子書籍専門サイトHongram[ホングラム]でチェックできます。

目次

まえがき―沖縄に帰る 5
キャバ嬢になること 21
記念写真 57
カバンにドレスをつめこんで 93
病院の待合室で 139
あたらしい柔軟剤 あたらしい家族 169
さがさないよ さようなら 207
調査記録 252
あとがき 254

メディア掲載情報

≫メディア掲載情報の登録

著者プロフィール

1972年、沖縄県生まれ。琉球大学教育学部研究科教授。専攻は教育学、生活指導の観点から主に非行少年少女の問題を研究。1990年代後半から2014年にかけて東京で、以降は沖縄で未成年の少女たちの調査・支援に携わる。共著に『若者と貧困』(明石書店)。本書が初めての単著となる。

〈関連作品〉

  • atプラス29
    atプラス29
    ブレイディみかこ 上間陽子 中村隆文 坪内祐三 大澤真幸 大西連 安藤礼二 打越正行 水野和夫 相馬直子
  • atプラス28 (岸政彦 編集協力)
    atプラス28 (岸政彦 編集協力)
    上間陽子 大澤真幸 大澤聡 山北輝裕 岸政彦 川端浩平 朴沙羅 柄谷行人 石岡丈昇 砂川秀樹 齋藤直子

〈関連ページ〉

〈関連サイト〉